オシャレに冬を迎える♪


お出かけ前の自撮りのおすすめ♪

ワードローブを前にして、「着る物がない」と、ため息をつく瞬間がありませんか?
服の数はあるのに、その日のおでかけ先や気分に合った服が見当たらない。
こういう事がよく起きる人は、服の買い方が偏っているのかもしれません。

手当たり次第に買い揃えるのは現実的ではありません。
また、同じ傾向の服ばかりあっても、コーディネートの幅が狭くなってしまいます。

最初にすべきなのは、ずらっと並んだワードローブを見渡すこと。
自分の好みを客観的につかむことです。
黒系が多い、丈が長めの物が多い、パンツばかりといった傾向が見えてくるはずです。

それらは既に十分ストック済みなのですから、買い増しの必要度は低いと言えます。
同時に、手持ちが乏しいアイテムも洗いだしておきましょう。

次に、お気に入りのコーディネートを選んで、身につけてみる。
さらに好みがはっきり見えてきます。
毎日、出かける前にカメラや携帯で自撮りしておくとはっきりと記録が残せます

黒系が好きなら、それはそれでちっとも構いません。
好みを曲げたり、欲しくもない服を買う必要もありません。

ただ、例えば黒を引き立てる紫や赤が手持ちにあるかどうか?
普段の着こなしに選ばれているかを確かめてみてください。

パンツ派は「お呼ばれ向きの膝丈スカートがある?」
ふんわりルーズスタイル好きの人は「シャープなシルエットの服がある?」
好みの逆パターンをイメージすると、自分が無意識に排除してきた装いがわかるでしょう。

無理に好みを変える必要はありません。
でも、偏愛してる服が頭に入れば、ショップで選ぶときは...。
「いつもこういう服を買っているなぁ」とリマインドする効果が期待できます。

Vネックニットの一枚使いは避ける

シャツ同様に定番だからこそ着こなしが難しいのが、Vネックニット
一枚での着こなしが上手なモデルを手本にしたくなります。
でも、まずはミックスコーデで着崩すほうが上達の近道です。

フェミニンなワンピースにVネックを重ねて、甘くレイヤードに仕上げる。
ふくらはぎ丈のスカートと合わせてもレディーライクな装いに寄せる。
これも大人らしい組み合わせです。

カジュアルに着こなすなら、シャツに重ねる。
または、上品なネックレスとあわせるのも好バランスです。

NS628_yumewotumekomu-thumb-autox600-14091

季節ごとの素材を合わせるのが鉄則だったこともあります。
今は、四季を通して色々な組み合わせで幅広いおしゃれが可能な時代になりました。

夏物だからとしまい込まずに、服を買うときには既存の服を思い出してあげましょう。
「こんな組み合わせができるんだぁ」と気づいたら得した気持ちになりませんか?

コートの下に隠れ気味になるおしゃれ...。
脱いだときこそ、おしゃれなあなたをアプローチしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム