「押し付け言葉」に要注意♪


親切の押し付けは禁物♪

人を思いやることはとても大切です。
人間関係の基本は相手の気持ちを考えて行動すること...。
そういってもいいので、それを否定する人はいません。

ただそこに一つ問題があります。
それは相手の気持ちを一方的決めにつけてかかることです。

本人は相手の気持ちをくんでいるつもりでも、それが的外れの場合があります。
どんなに親しい間柄でも相手の気持ちはわからないものです。

従って、他人の場合はもっと勘違いが多くなります。
そのため相手のことを思いやり、行動したとしても相手には迷惑になる場合があります。
他人がするのだから違って当たり前と思っていれば間違いないかもしれません。

TKBmokomoko_TP_V
よくある例として、「私が~してあげる」という言葉があります。
最近ではありまいなくなった、近所に何にでも首を突っ込み、お節介をやくおばさんがいました。

相手にとって迷惑なこともあったはずです。
それでも善意でしてくれたことは相手も理解し、許してくれたはずです。

ところがしてあげたことに対して見返りを暗に要求する人がいます。
それがない場合や相手に迷惑そうにされた場合には露骨に不満を表す人がいます。

このような人が問題なのです。
本来、善意は無償のものでなければいけません。

相手にとって、多少、迷惑でもそれが善意であるからこそ相手も許します。
そこに下心がなくとも、見返りを要求するのであれば最初からやらないほうがいいのです。

また何かをしてあげたとき、あるいはしてあげようとしたとき。
拒絶された場合には不機嫌になる人がいます。
これも一方的な善意の押し売りであり、相手の気持ちを無視しているので嫌われるだけです。
MINGK85sd_TP_V

人と人とのつき合いには、ときにはお節介も必要です。
それが受け入れられなければすぐに引き下がることです。
決して「感謝してほしい」とか「ありがとうと言ってほしい」とか要求してはいけません。

もともと「~してあげる」という言葉には、少しだけ傲慢な響きも含まれています。
れを消すためには相手へ負担をかけないそ配慮が欠かせません。
辛いときでも放っておいてもらったほうがいいときもあります。

そのようなときには、じっと何もしないで見守っているほうが相手への優しさになります。
何かをしてあげることがすべて相手のためになるとは限らないのです。
じっと相手を見守ることが親切な場合もあるのです。

YUKAPAKU3282_TP_V
「~してあげる」という言葉はシチュエーションによっては可愛らしい言葉です。
日本語の難しさはこんなところにも表れます。
しっかりその場の空気、相手との関係性を把握して上手に使い分けしたいものです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム