上手に「お世辞」を使う方法♪


人気者はお世辞の使い方が上手♪

「私はお世辞が大嫌い。言うのも嫌い、言われるのはもっと嫌」。
このような発言をする人は意外に多いものです。

おそらくそのような人はわざとらしいお世辞に気分を害した。
または、いかにも見え透いたお世辞に相手の本性を見てとったのかもしれません。
確かにヘタなお世辞は禁物です

相手の心証を悪くしてしまうし、人間関係がそれで壊れてしまうこともあります。
その点は注意しなければいけません。
GREEN20160902090216_TP_V

しかしお世辞がまったく必要ないかといえば、そうとも言い切れません。
うまく使えば人と人との潤滑油になります

そして、よりよい人間関係を築く手助けになることもあります
要は使い方次第ということです

人に気に入られたいと思えば、相手の気に入られるようなことを言ったりする。
あるいはほめたりします。
それは人間関係では必要なことといえます。

そこで上手なお世辞の使い方を覚えておきましょう。
相手によって、状況によって使い分けるといいでしょう。

相手を持ち上げる
これはいちばん一般的な方法です
日常的に行われているものでもあります。

相手の自尊心をくすぐって気持ちよくさせるのです。
さり気なく言われれば、ほとんどの人は相手のことを好意的に思うでしょう

第三者にほめる
これもよく使われる方法で、効果は抜群です

直接、相手を持ち上げるのではなく、第三者に相手のことをほめます。
それが噂によって相手に伝わるのです。
人の話というのは、意外に早く本人に伝わるものです。

面と向かって言えないことも、他人には言えます。
直接、言いにくい人はこの方法がおすすめです。

相手より下手に出る
これは相手をほめる、お世辞をを言うというのではありません。
自分からへりくだってしまう方法です
相手より自分を低く見せ、相手に優越感を与えるのです

「私には到底、できません」
「あなたのような頭が働かないから....」
などがあげられます。

相手に合わせる
相手の考えや意見に同意することで、相手を気持ちよくさせる方法です
また自分は敵ではなく、あなたの味方だと思わせることもできます

「私もそう思います」
「その考え方同感です」
これがその典型です。

高級テクニックとしては、相手が自分の考え方を言う前に先回りする
相手が言いそうな意見を前もって言うという方法もあります

厳しいことを言ってから持ち上げる
いわゆる先にけなし、それからほめるという方法です。
反対意見や厳しい意見を言ってから、相手のいいところをほめて持ち上げるのです

そのほうが真剣に自分のことを考えていると相手に思わせることができるからです
ただ単にほめるよりは印象が強くなります

flowergirl20160902000418_tp_v
お世辞も使い方次第でほめ言葉になるのです。
チャットレディのお仕事以外でも充分に役に立ちます。
よい人間関係を築くためにも活用しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム