ハードルが高いお願いの仕方


お願いをするのが得意かと聞かれたら
きっと多くの方は「いいえ」と答えることと思います。

実はお願いをすることは、悪いことではなく良いことなのです。
すばらしいことなのです。

もしお願いが得意だという方がいたとしても、ここでは「ハードルの高いお願いの仕方」を紹介するのできっと参考になると思いますよ。

特に、チャットレディのお仕事をしていて長時間の会話をしていると、こうしてほしい、ああしてほしいというお願いしたいことも出てきますよね。

このお願いですが、相手にお願いした場合は「はい」か「いいえ」の答えがあります。
どちらにしても、お客さんに気持よく返事をしてもらわないとそのあとの会話が弾まなくなってしまう可能性があります。

もし軽い(ハードルが低い)お願いだとしたらお客さんに気持よく「はい」と言ってもらえることでしょう。

仮に、「いいえ」だとしても、お客さんに断られたダメージも少ないのでそのまま軽く流すことができますね。

お願いをするにはコツがある!

では、ここからが本題。
ハードルの高いお願いの仕方です。

ハードルが高い=相手の負担が大きい と、思ってください。
当然、「いいえ」の確率は上がってしまいます。
でも、お願いしたわけですから、できれば「はい」と言ってほしいですよね。

では、どうすれば良いのか?

ハードルが高いお願いをするには、実はコツがあるのです!
これを知っていると、本当に得をしますよ。

それは「本当にお願いしたいこと」よりさらに大きな、つまり無理目のお願いをします。
注意するのは、この場合、それが無理なお願いであることが十分わかっていることをしっかりアピールすることです。

当然、断られますよね。

次に、「本当にお願いしたいこと」をお客さんに伝えます。

以上が、ハードルが高いお願いの仕方のコツになります。

例えば・・・

自分「無理なお願いかもしれないけど、○○さんと毎日たくさんお話したいです!」

お客さん「毎日はちょっと難しいかな・・・」

自分「そうですよね、それは難しいですよね、でもそれならまた今週中にでもまたお話したいなぁ」

お客さん「今週なら大丈夫だと思うよ」

こんな感じになります。

実はこのお願いの仕方、相手も喜んでくれることが多いのです。
なぜかと言うと、あなたが譲歩してくれたことが伝わるからです。

お客さんは、あなたに対して、譲歩してくれて申し訳ないという気持ちを持ってくれます。

そのお返しとして、次の「本当にお願いしたいこと」を聞いてくれる可能性がぐんと上がるのです。

  • 最初の無理目のお願いをするときに、そのお願いはお客さんにとって「無理」であることを自分はしっかりわかっていて、申し訳ない気持ちを持っているということを言葉にする。

これを言わないと、単に相手の立場がわからないわがままな人だと思われてしまう可能性があるので、気をつけてください。

お願いすることは相手を喜ばせること

そもそも、お願い自体は悪いことではありません。
お願いをされると嬉しいという方も実はたくさんいます。

是非この「ハードルの高いお願いの仕方」コツをつかんでみてください。

いいことがたくさんおこってHAPPYになれますよ♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム