「お願い上手」になるテク二ック♪


「お願い下手」から「お願い上手」へ♪

みなさんは、人にお願いするのが得意でしょうか?
「これやって、あれやって」「これお願い、あれもお願い」。
と、図々しくて嫌われる人も、もちろんいます。

でも、意外に、お願い下手の人が多いものです。
「私は、人にお願いするのが苦手。どうしたらいいの?」。
と考えてる人もいるでしょう。

お願い下手な人に知っておくべきことが二つあります。
まず一つ目は、基本的に人には「人のために何かをしてあげたい」
という心理が備わっているということです。

私たちは家庭でも教育の場でも「人のために何かをする」それは美しいことと教えられます。
ですから、たとえ些細なことであったときも同じです。

あなたが誰かに何かをお願いする→相手はそれをやってくれる→あなたは感謝する」。
という図式で進んでいけば、じつは相手を喜ばせることにつながります

どんな人でも、たとえば道に迷っている人から「駅はどこですか?」。
と聞かれ、教えてあげて感謝されたなら、うれしい気持ちになるはずです。
kim150922197477_tp_v

二つ目
お願い下手を直すために必要なこがあります。

「言い方」や「テクニック」よりも、「思い切ってお願いしてみる!」
というメンタリティ的な部分が大事だということです

もちろん、言い方やテクニックもあります。
お願い下手の人はそれ以前の問題として、「お願いをする」。
という行為自体できないのです。

お願いをするという行為が普通にできるようになる。
そこから、言い方やテクニックを身につける方が近道です

まだ、慣れていない段階で実践すると、一層お願いするのが苦手になってしまいます。
些細なことから始めればいいのです。

相手がお願いを聞いてくれたときの、「リアクションはしっかり」やっておきたいものです
頼み方が多少うまくなかったとしても、リアクションが上手であれば、問題はありません

kim150922517607_tp_v
逆に、頼み方が上手でも、リアクションが下手な場合。
「せっかくお願いを聞いてあげたのに、なんか感じ悪いな」。
となってしまう危険性が高いのです。

NG例】(レストラン)
「あちら側の席にどうぞ」
「向こう側の席にしたいんですけど、いいですか?」

「どうぞ、お好きな席へ!」
「....」(無言、反応なし)

OK例
「あちらの席にどうぞ」
「向こう側の席にしたいんですけど、いいですか?」

「どうぞ、お好きな席へ!」
「ほんとうですか、ありがとうございます!」

「ありがとう」「うれしい」「助かった」など、ベーシックな言葉ひと言でも良いのです
しっかり感謝が伝わるようにしたいものです
お願い下手な人というのは、基本的に謙虚で控えめ人なのです。

ですから、あなたが「ちょっと図々しかったかな?」。
と思えるぐらいになって、やっと普通の人並みなのだと思ってください。

siroi-hana

チャットレディさんも、お願いされる場面があると思います。
自分がどうお願いされたら、快く受け入れられるかを考えてみましょう。

また、一人の女性として、「お願いする=甘える」ことが上手に出来ているのか?
逆に、図々しさになっていないかを、振り返ってみてはいかがでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム