お客さんが共感しやすいのは「臨場感のあるエピソード」


「チャット」盛り上げていく「ヤマ場=展開」の部分で「共感」を作るお話

チャットレディのお仕事で2時間のチャットは、「短い会話」がいくつもつながってできるのですが、1つの短い会話の「展開」の部分が盛り上がると、それだけで2時間経ってしまったなんてこともあります。

「え~会話のヤマ場『共感』を作る?そんなことできないよ!」
そう思った方、難しく考えないでください。
大丈夫、チャットレディとしてこれから使える簡単に出来る方法をお教えします。

    人はまず「話す内容」が分からなければ「共感」してくれません。

    逆に「話す内容」がよく分かれば「共感」しやすくなります。

「話す内容」が最も簡単に伝わるのが「エピソード」です。

「エピソード」は大変強い力を持っています。

    例えば、

  • 「エピソード」を使わない例
  • A:「昨日ね、〇〇旅館に宿泊したんだけどさ、相変わらずサービスがよくてね、とてもよかったよ」

    B:「へ~そうなんだ。それはよかったじゃない」

    これでは「共感」は生れていませんね。

  • 「エピソード」を使った例
  • A:「昨日ね、〇〇旅館に宿泊したんだけどさ、5年ぶりに行ったのに自分の嫌いな食べ物全部覚えててくれてさ、料理最高だったよ。ほんとにサービスがよくてね」

    B:「そりゃすごいな。自分も今度行きたいな~」

    いかがでしょう?
    BさんにはAさんの「エピソード」から、最高のサービスをする「〇〇旅館への敬意」という「共感」が生れています。

    興味がない人に話を聞かせるときは、
    エピソードや体験談を盛り込む

    興味がもてない話をされれば、聞き手は苦痛を感じます。
    退屈な話は、聞き手だけでなく、話し手にとってもつらい時間です。

    話し手は盛り上がらない空気を作り出している中心人物ですから、話しながらも「どうにかしないと」と思うでしょう。

    その人の気持ちを考えるといたたまれません。
    どうにか聞き手に興味を起こさせて、退屈な空気を追い出したいものです。

    興味がない人に話を聞かせるときは、共感が得られるように話し方を工夫するといいでしょう。

    具体的には、自分のエピソードを盛り込んだ話し方を心がけます。

    興味を惹くためにエピソードを付け加えて話す

    「冷え性は、しょうがを食べると改善するらしいよ」
     +(プラス)
    「実際に紅茶にしょうがを入れて飲み続けてるんだ。確かに今年は全然つらくないよ」

    こんなふうに「エピソード」を話すだけで共感が生まれたり、相手に興味を持たせれたりするわけです。

    ぜひこの「エピソード」を集める「エピソードコレクター」になってください。

    もちろん自分の「エピソード」だけではなく、他の方の、おもしろかったり感動したりする「エピソード」もできるだけ集めてみましょう。
    それだけであなたは「会話の達人」に近づきますよ。

    【エピソードコレクター】になって【会話の達人】になりましょう!


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム