「奥二重」を生かすメイク♪


奥二重もメイク法で魅力的に♪

日本人に最も多いのは奥二重です。
あなたはどうでしょうか?

奥二重のメイクは、ひとつにはガンガンのアイシャドウと付けまつ毛..。
それを好む女性がいるでしょう。

ここでおススメするのは「すっきり奥二重メイク」というものです。
奥二重ならではの涼しさを生かすこのメイクは、デカ目メイクブームに埋もれています。
でも、改めて「奥二重」を生かすメイクに取り組んでみましょう。
resize9FSMCLTV

では、その奥二重のメイク法の注意点を知りましょう。
「濃いラインを細く」「シャドウは淡く」。
これであっさり決まりです。

理由は単純明確です。
ラインを太くすると「なけなし」の二重幅がつぶれて一重目のようになってしまいます
目頭から中央あたりまでならつぶしてもよいでしょう。

目尻はすき間を空けておくのが鉄則です
ただし、ライン自体は目立つ必要があるので「濃く」なければいけません

また、濃いシャドウは、これも二重幅をつぶしてしまいます。
ラインを薄く見せてしまうので、「シャドウは淡く」となるのです。

メイクを試せる余裕のあるときに、まずビューラーでまつ毛を上げます。
その後、ジェルかウオータープルーフのペンシルで、「まつ毛の間埋めライン」を引きます。

ここでちょっと鏡から離れて目をチェックしましょう。
まだ二重幅に余裕があれば、少しだけまつ毛の上にもラインを足して、太くしてみましょう。

また、逆に、「まつ毛の間埋め」だけでも二重幅がつぶれてしまう人もいます。
そういう人は、まつ毛の間のラインを消し、粘膜にだけラインを入れることを試しましょう
ASE_047_TP_V1

後者の人は、一重目に近い奥二重ということです。
一重と言われると「わたしは奥二重です!」と憤慨する人もいます。
その前に、自分の目のことをよく知って、正しいメイクを身につけたほうがいいのです。

そして、いずれも、その後にマスカラを塗ります。
アイシャドウについては、あまり濃いシャドウを使わないまでは共通です

明るい色かちょっとだけ暗いめがよいか、あるいはどこまで入れればよいか。
それは目によってマチマチです。

いろいろと試してみることをおススメします。
ただし、奥二重がアイシャドウで決定的に変わってしまう。
それはあまり期待しないほうがいいでしょう。

今は、たくさんのアイメイクアイテムが売られています。
それらを上手に使いこなして、不自然になりすぎないナチュラルメイクを探求しましょう。

MS251_kosumesetsi-thumb-815xauto-15227
モニター越しのチャットレディさんの目はとくに印象を与える部分です。
自分の目の特徴を上手に生かしたメイクを身につけていきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム