「苦手意識」の克服法♪


苦手な人にこそ笑顔を♪

女性が涙を流す理由の1位は「人間関係」だそうです。
一方、男性になると「映画やドラマを見て感動したとき」だそうです。

たしかに、人間関係に悩んでいる女性は少なくありません。
人間関係がうまくいってない人は、ほぼ間違いなく何人かの「苦手な人」に囲まれています。

しかし社会人として、それなりのお付き合いをしていかなければなりません。
むしろ、それができないからこそ、ストレスに悩まされるのです。

そこで、人間関係をスムーズに運んでいくためのコツを知りましょう
それは「苦手な人にこそ笑顔を贈る」という、簡単な習慣です。

笑顔と一緒に「こんにちは」のひと言で構わないのです
ちょっとした挨拶の言葉を添えましょう

あなたが笑顔を贈れば、その笑顔を続けていれば、やがて相手も心を開いてくれます
必要なのは、たったこれだけです。

YUKAPAKU3246_TP_V
ほんの少しの笑顔を贈るだけで、その人との間にできていたギスギスした空気は和らいでいきます。
笑顔は、人間関係の潤滑油にもなってくれるのです

笑顔はマナーのひとつ♪

笑いには3つの種類があります。
「快い笑い」、「緊張緩和の笑い」、「社交上の笑い」。

この中でもっとも気になるのは、3の「社交上の笑い」ではないでしょうか?
もともと、笑顔は純粋な「快」の気持ちから、自然発生的に出るはずです。

それが「社交上」のものとして出るいると思われがちです。
礼儀やマナーのひとつとして出るというのは、少し本来の目的から離れた感じがします。
imaric20160805210023_tp_v
そんな笑いはウソの笑いで、お世辞と変わりがない。
そんなふうに思われる方は、きっと多いのではないでしょうか。

そこで、実際に「社交上の笑い」が使われるシーンを思い浮かべてみましょう。
そして、その役割について考えてみることにしましょう。

たとえば、チャットレディのお仕事が初めてだとします。
ガチガチに固まった顔で「よろしくお願いします!」と挨拶しても、あなたの緊張は解けません。

笑顔をつくって「よろしくお願いします!」と明るく挨拶したら、どうなるでしょう。
まず、あなたの緊張やストレスは、かなりの部分が軽減されます。
笑顔をつくることで脳に「快」の情報を送り、ストレスを吹き飛ばして緊張をほぐすのです

そうすることで、相手の表情も少し柔らかくなるでしょう。
あなたの笑顔が、相手の笑顔を誘うわけです
笑顔をキープしたまま話を続ければ、その場は自然と和やかな空気に包まれていきます。

このように、一般に「愛想笑い」や「つくり笑い」とされる笑い
それは、まず最初に自分の緊張を解きほぐす、という効果があるのです
これは「苦笑い」や「照れ笑い」も同様です。

こうして、誰もがさまざまな「社交上の笑い」を使うことで円滑に物事を運んでいきます。
ですから、笑顔をマナーのひとつと考えるのは、まったく悪いことではありません。
愛想笑いも作り笑いも、大いに必要なことなのです

YUKA160322000I9A4287_TP_V
「苦手」と決め込んで、何もしないで避けてばかりいる。
それでは、いつまでも人間関係を円滑にすることはできません。
逆に「苦手な人がいない」というくらいの順応性のある女性になりましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム