会話の「苦手意識」の根本を知る♪


会話が苦手という人が本当に苦手なこと

「一対一の会話は自分と話しているとわかる」。
「でも大人数の会話だと、自分が答えていいのかがわからない」。

「一対一の会話ではすぐに答えないと沈黙になって辛い」。
「何か質問しないとすぐに会話が終わって不安」。
「相手がつまらなさそうだと落ち込む」。

「大人数に一度に見られると緊張して頭が真っ白になる」。
「何を話せばいいのか、どんな返事を、どのタイミングで、どうすればいいのか?」。

imaric20160805210023_tp_v
このように会話が苦手という人は少なくありません。
特にフリートーク。

初対面の人はもちろん、一番一緒にいたいはずの大好きな人
その会話まで、緊張して疲れるだけとういのは辛いだけです
これではますます会話が億劫になってしまいますよね。

男性との会話が苦手な人、男性でも恋愛対象になる可能性を感じる人との会話が苦手な人。
家族や特定の人以外との会話はすべて苦手な人。
人と話をすることが苦痛な人なら、会話が苦手と一言でいっても、様々な場合があります。

でも実際はそういうわけではない場合も多いのです。
誰とも全く話せないというわけでない。
それならば単純な言語能力の問題ではなく、心理的なものが大きく関係していそうです。

本当に苦手なのは、どういうことでしょうか。
会話がうまくいかないと感じる人と一緒にいる空間や時間そのものかもしれません

なぜ苦手かといえば、過剰にストレスを感じるからです
「うまくやらなきゃ」というプレッシャーがストレスの元です

IMARIC20160805310323_TP_V
単純に「私は話すことが下手だから...」というようにすり替えてしまっているのです
話し上手にならなければいけないような気がしてしまいます。
ますます物事を複雑に、混乱させてしまうのです。

緊張が和らげばそれでOK♪

初対面または関わりが薄い間柄の場合。
お互いに、警戒する相手ではないことを伝えることで居場所を確保します

「私は何もしませんから、あなたも何もしないでくださいね」というようなイメージです。
もちろんこのままの言葉ではむしろ誤解されてしまいます。

大人のマナーとして、挨拶して当たり障りのない会話で笑顔を見せる
人畜無害をアピールするわけです

初対面または関わりが薄い間柄であれば、最も重要な会話の役割があります。
それは、今この場の緊張を和らげるということになります

雰囲気が良くなればお互いに楽になるのです
雰囲気が悪くなればそれでいいのです
あなたの表情が緊張していれば、相手はますます緊張します

だから、会話をしなくてはいけないとプレッシャーを感じて硬い表情になってしまう。
そうならば、無理に話そうとしないほうがいいということになります。

まだよく知らない相手なら、いきなり仲良くなろうとするよりも大切なことがあります。
まずは、気まずくならない程度の状態になれば十分です

YUKA0I9A7452_TP_V
そのために話をするということにこだわりすぎずないようにすることです。
必要最低限の、一番ストレスが小さいやりやすいことから試してください。
初めてチャットレディのお仕事を経験するという方は参考にしてみてはいかがでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム