「年齢相応」なケアで美が際立つ♪


「相応」が美しい理由♪

相応」。
美しさをつくる大切なキーワードです
「相応」は美しさの素、対する「不相応」は不美人も素です。

たとえば20代でお給料が安いのに高価な化粧品を買い続ける。
過保湿の状態なのにさらに油分や水分を入れる、食事を削ってエステに通う。

こうした不相応は金銭的にも、お肌にも無理をかけます。
そして長く続けるほどに負担を増していきます。

高級クリームなどは20代の若い肌に合わないこともあります。
うまくできているもので、自分が無理なく買える値段の化粧品。
それが、じつは自分の肌に適したものである場合が少なくないのです。

また、若ければ、金銭的な無理を押してエステに通わなくてもいいのです。
自分で半身浴をする、湯船につかってしっかり汗を流す。
それらの生活スタイルを少し変えるだけで肌はきれいになっていきます

smIMGL3776_TP_V
世の中にはきれいになるための情報が氾濫しています。
昔と比べると、コスメフリークの方も随分と増えました。

氾濫する情報や氾濫する、商品、〇〇ブームに一斉に流れていく。
そんな女性が多いように思えます。

しかし、実際その流れに飛びつく女性はそんなに酷いのでしょうか。
本当に酷い人など、世の中にはいないはずです。
みんな欲張りになりすぎているのかもしれません。
コスメ

残念なことは、コスメフリークの人ほど、化粧について混乱していることです。
フリーク状態になっている女性たちは「これがいい」という情報をすべて体験しよとします
過保湿とは、保湿を与えすぎて、顔が柔らかくなることを言います

肌に柔らかさを取り戻せますが、弾力を失う結果、皮膚に張りがなくなります。
毛穴が目立つという作用も起こします。
その上張りのない、ゆるくて下がった悪い肌を作ってしまうのです。

きれいになりたいのに肌質を落としてしまう。
こんな逆転現象を起こすのも、情報が多すぎることに大きな原因があるのでしょう。

肌にはダメージを再生する能力、皮脂を分泌し潤いと保湿を保つ力
それらが、本来備わっている力、メカニズムがあります

skincareIMGL9322_TP_V
けれども外から常に油分や水分を与え続けている。
すると、そうした本来の機能が働かなくなってしまいます。
それが過保湿の原因です。

肌は生きています
植物と同じように、水をあげ過ぎると値が腐り、元気になるどころか枯れてしまいます。
手のかけ過ぎは、スキンケアのステップを複雑にします

手入れを面倒にしてしまうこともあります。
簡単な方法ですぐに美しくなりたい、気になるところを改善したい
それが女性の本音です
kmimg_9301_tp_v

つけたら翌日には効果が出てほしい、即効性がないと嫌というのが正直な気持ちです。
何ステップも必要で、しかも効果が出るのが1週間、1ヶ月先という方法。

それでは、続けていくのが面倒になって結局やめてしまうことにもなるでしょう。
継続していくにはステップが少ないほどいいのです

「これがいい」と言われる商品を次々と買い足して使う。
それより、乾燥しているなと感じたら、保湿性の高い商品を1点だけ増やす
あるいは手持ちの商品を重ねづけするだけで十分な効果があります

過ぎたるは及ばざるがごとし。
過剰よりもほどほど、複雑よりもシンプルを...。
何ごとも「相応」を心がけることが肌には一番なのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム