「年齢」さえも味方につけて♪


「年齢」を怖がらない美しさ♪

日本にはいまだに「若い女神話」がはびこっているのも確かです。
女性にとって、「若さ」という言葉は、一生自分にまとわりつく残念な言葉です。

なぜなら「若さ」には「もう若くない」という意味も含まれるからです。
とてもネガティブなニュアンスが漂うからにほかありません。

これも考えてみれば、ただの世の中の取り決めのようなものです。
それに惑わされて、せっかくのイイ女にかかわらず、年齢に対して劣等感を持つ必要はありません

年齢に対して劣等感をもち始めると、女性はどんどんおかしな方向へ変わってしまいます。
いつまでもただ若さだけに躍起になるのは、実に愚かなことです。

「せめて精神年齢は若くなきゃダメ」「ファッションでごまかそう」。
必死に、若づくりをしても、その結果、全体的にちぐはぐなものになっているのです。
SAYA072155409_TP_V

誕生日が来たなら、「また年とっちゃった」などという言葉は絶対使ってはいけません。
「わたしはますます女性としての魅力を増していくのだわ」と言いましょう
「若さ」に対する執着は、ほどほどにしておきましょう。

とは言え、これを機に年齢を意識しなくなるというのは難しいことだと思います。
年齢をただ足していくのではなく、上手に掛け算することを心がけてみましょう。

女性は、年を重ねるごとに、年相応の旬の美しさがあるのです
ホルモン系も変ってきます。

皮膚のなめらかさと、落ち着いたしっとりとした雰囲気や色気
若い時期では出せない魅力がたくさん現れてくるものなのです。
年齢を重ねることを楽しむようにしましょう

わたしはますます女性としての魅力を増していく」。
わたしはますますきれいになっていく」。
そうした言葉を選んで使いましょう。

hon2

ある年齢になってからしか似合わないようなものがたくさんあります。
上質で高級なランジェリーやアクセサリー、高級な品々...。
それを身に着けた自分を想像してみましょう。

「早くアレをまとってみたい」「アレが似合う女性になりたい」。
そう思えば、年齢を重ねるのも楽しみになるはずです。

「○○さんより若く見られたい」「この中で自分が美人に~」。
それは、「自分に対する自信」ではありません。
人と比べることでしか自分の美しさを評価できないようではいけません。

自分は自分だから素晴らしい」「わたしはわたしであるがゆえに美人だ」。
それこそが、ピカピカのキレイを手に入れられるというものです

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89
女性にとって「若さ」「美しさ」は永遠のテーマです。
年齢を受け入れ、相応な美を探究していく。
それを手に入れてこそ、「若く美しく」いられる秘訣です。

幅広い年齢の女性たちがチャットレディとして輝いてお仕事をしています。
年齢を気にすることなく、このお仕事にチャレンジしてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム