「ネガティブタイプ」の対処法♪


意外に多い!?ネガティブタイプ

ネガティブな人にどう対応していますか?
いちばんよい方法は、そういう人と関わらないのが賢明です。
しかし、そうはいかないのが社会です。

たとえば、あなたが野外コンサートに行く話をしたとき。
あなた「実は明日久しぶりに野外コンサートに行くので楽しみなんです」
相手 「こんな寒い中、コンサートなんて!明日は風も強いようですよ」

あなた 「天気予報はそうなっているようですね」
相手  「寒い中のコンサートなんて、あまり楽しめないかもしれませんね」

あなた 「まあ、なんとかなるといいんだけど」
相手  「いや~、最悪の天気で行っても後悔しちゃいそうで最悪ですね」
あなた 「......

どうですか?
最後の「.....」までくるころに、あなたはどのような気持ちになっているでしょう。
その人に話したことを後悔してしまいませんか?

TAKEBE160224360I9A0623_TP_V

友達関係ならば、「あの人と気が合わない!」で、関わらないことはできるかもしれません。
それが、お仕事上のお付き合いだったなら、話をせずに関わらないわけにはいきません。
こういうタイプの人の対応に知っておくと便利なフレーズがあります。

相手との会話は表面的会話にとどまらせる
天気、平和なニュースのほんの表面的な話を引き伸ばす。
あるいは、沈黙もありです。

相手の反応に対して「まあまあ」を連発する
「まあまあ」はとにかく明るく言いましょう。
相手を落ち着かせて、楽しそうに絡んできたように思ってもらえる言葉です。

ただ、目上の人に言ってしまうと、生意気な感じを与えかねません。
相手を慎重に選んで使いましょう

相手の反応には「ね~どうなるんでしょう」で終わらせる
実に無難な対応です。
ネガティブタイプの中には、自分が言ったことで相手が感情的になるのを楽しむ人もいます。

「私は感情的にはなりませんから」というサインを出すことです。
相手のあなたに対してのひねくれ心や闘争意欲をダウンさせましょう。

相手の反応に「確かに」「あなたが正しい」と言って勝たせる
かなり成熟した人の反応です。

戦うどころか同じ土俵にはいたくないと思うほうが賢明です。
ですから、思う存分勝たせてあげましょう。

150415082322_TP_V

「確かに!こんな人がいる!」とおもっている人も、自分を振り返ってみましょう。
普段はネガティブではなくても不意にネガティブ発言をしてしまうこともあります。

そのちょっとした発言一つが相手の心に優しく入り込むのか?
あるいは鋭く傷つけてしまうのかを考える習慣を身につけたいものです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム