「名前を呼ぶ」という必要性♪


名前を連呼で距離は縮まる♪

相手の関心を引くしぐさや態度とは別に、言葉を使って相手を近づけることもできます。
その1つが相手の名前を話のところどころに散りばめる方法です

業績のめざましい企業などでは伝統的なセールステクニックが存在します。
そしてそのなかにこれからお話するテクニックがあります。

相手に会ったら、まず相手の名前を呼びかける】というものがあります。
そうすることで相手の注意を引き、同時に警戒心まで解いてしまうのです

このような効果は心理学的にも立証されているそうです。
話の中に固有名詞をはさむことで相手の好意を引き出せるのです
例えば相手のことを【あなた】でもなく【君】でもなく、わざと名前を呼ぶ。

そうすると相手が匿名ではなく、固有の人格、つまり個性化されるのです。
その効果は抜群で、二人の間に交わされる会話やその内容が深く刻まれます
こちらが相手に関心を持っていること、好意を持っていることを訴えることができるのです

KZ1796060_TP_V
ある男性の話があります。
新入社員時代、いちばん初めに自分の名前を呼んでくれた上司をずっと忘れなかったそうです。
それどころかその上司のために働きたいとさえ思ったそうです。

たかが名前ですが、使い方次第では思いもよらぬ効果があることを覚えておきましょう。
ただし注意事項もあります

あまりに馴れ馴れしいのは厳禁です。
いかにもご機嫌を取るために名前を繰り返して言っていると思われると嫌われるだけです。

つぎのような実験結果があります。
初対面の男性と女性がいました。

そして15分間、話をしたそのとき、男性が女性の名前を6回以上呼びました。
すると女性のほうは男性のことを馴れ馴れしすぎる。
自分をよく見せようとしすぎると感じるたそうです。

ということは、初対面で相手の名前を2?3分間に1回以上呼ぶ。
それは相手の印象が悪くなるということになるのです。

ある程度、打ち解けてきた間柄や同じ初対面でもいきなりではないほうがよいのです
話が盛り上がってきてから名前を呼ぶことが大切です
そのほうが間違いはありません。

逆に会う回数を重ねていても、名前を呼ぶなどの親密度を増す工夫がない。
そうならばいつまで経っても初対面と変わりがないともいえるのです。

KAZUHIRO004_TP_V
名前を覚えて貰ってもらい、呼ばれたときは嬉しいものです。
チャットレディさんもお客様との会話が盛り上がったときに名前を呼んでみましょう。
好感を得られるお手軽なテクニックではないでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム