お客さんの名前を自然に呼ぼう!


チャットレディのお仕事は、様々なお客さんと話す機会があります。
しかし、

「慣れたお客さんとは話せるんだけど、初対面のお客さんとだと
どうも上手く会話できないんだよね」
という方、意外に多いと思います。いわゆる「人見知り」の方ですよね

私も、チャットレディのお仕事をしている女の子から、「私人見知りなんですよね」と聞くことがあります。
そんな「人見知り」の方には1つの共通点があります。

それは、相手の名前を呼ばないことです。

名前を呼ぶことの重要性とは

「相手にとって世界で一番気持ちのよい音楽、それは自分の名前を呼ばれること」
という話があります。
そのくらい会話で相手の名前を呼んであげることは大切なのです。

これはチャットレディにおいても大切で、お客さんの名前を呼ぶことによって
自分のことを気に入ってもらえて常連になってくれやすかったりもします。

これは特に相手が初ログインのお客さんの場合本当に大事です。
でもこれがなかなか出来ない方が多いのです。

しかし、その重要性を理解していただくと今後の稼ぎは抜群に上がっていきます。

例えば

A:「甘いものが好きなんですね!」
B:「栗原さんて、甘いものが好きなんですね!」

AとBではどちらが言われて嬉しいでしょうか?
もちろんBですよね。

相手の名前を呼ぶこと相手の存在を認めること。そう考えるとわかりやすいと思います。

では、頻繁に相手の名前を呼べばいいかというとそうではありません。

「〇〇さん、はじめまして!」
「〇〇さん、今日はいい天気ですね」
「〇〇さん、昼間ちょっとお時間いいですか?」

これではいくらなんでも「うっとうしい」ですよね。
なぜ「うっとうしく」聞こえるかというと、全て同じパターンだからです。

いつも「〇〇さん、」で会話をはじめては単調すぎます。

〇〇さん七段活用

そこで自然に相手の名前を多く呼べる方法をお教えします。
それは「さん」のあとをいろいろ変化させて呼ぶことなのです。

例えば

〇〇さんて 「〇〇さんて赤が似合いますよね」
〇〇さんだったら 「〇〇さんだったらどうします?」
〇〇さんとしては 「〇〇さんとしてはどう思います?」
〇〇さん的に 「〇〇さん的に問題無いですよね」
〇〇さんなら 「〇〇さんなら大丈夫ですよ」
〇〇さんほど 「〇〇さんほどではありませんよ」
〇〇さんには 「〇〇さんにはかないません」

昔国語の文法で習った「サ行五段活用」のようですね。
ここでは「〇〇さん七段活用」とでも呼んでおきましょう。

このうち3つでも活用が出来れば、十分実践的です。

これを頭に入れておいて、自然にお客さんの名前を呼ぶことが出来れば、
以前より初対面のお客さんと仲よくなりやすく
常連さんも増えていき、稼ぎは上がることでしょう。

  • 「〇〇さん七段活用」を覚えよう

ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム