男性が「求める」女性像♪


こんな言葉に男性は喜ぶ

会いたいけど我慢する」。
さびしいけど我慢する」。
食べないで我慢する」。

一種の自己犠牲を男性のために払うその姿に、男性の心は揺れるのです。
ところが、この優しい自己犠牲が、ときに女性を危うくすることがあります。

恋人が海外勤務になったとき「いつまでも我慢して待っているわ」と囁く女性。
男性を異常に奮い立たせ、数年たっても彼女と一緒に生活したいと思わせるのです。
それほど男性というものは、女性の犠牲心に愛情を感じるものです。

DI_IMG_5771-thumb-815xauto-17879
もしも、このとき、女性のほうもずっと思い続けていれば問題はありません。
女性が心変わりしたとき、男性の失望感がどのような形で女性に向けられるかわかりません。

もともと女性はマゾヒズムといった虐待に耐えるように体ができているといわれてます。
好きな男性に、多少の暴力を受けても、理解しようとする優しさをもっています。
とはいえ、このくらい耐えるのは当たり前、という態度をとる男性も存在します。

そんな男性には、女性は絶対いうことを聞かないでしょう。
特に、現代女性には少なくなった自己犠牲的タイプ。
だからこそ、時々のぞかせる「自己犠牲」というギャップで効果が現れるでしょう。

甘える女性に弱い男性

今日、ごはんを作ってあげたいけどいい?
好き!って言ってくれる?
ずっとそばにいてくれる?

こういった甘え言葉の質問をされたら男性はどうなるでしょう。
ほとんどの男性は、この女性に好感を抱くでしょう
それは甘えの中に複雑な裏の心がないからです。

厳しい社会に中で疲れてる男性の心が慰められるからです。
もちろん大人の女性の甘えには、色々な意味が含まれているかもしれません。
誘惑には甘い香りがつきもの、それは質問形式ではなく、甘えそのものの中にあるものです。

その点、甘えが質問に形をとったとき。
それは、一歩引いた遠慮がにじみ出るもので、男性にはとてもうれしい心遣いです。

男性とうまく、長く付き合えないという女性はこの質問形式の甘えを覚えるといいでしょう。
この質問のすぐれている点は、人柄のよさも同時に伝えられることです

ごはんをつくってあげたいけど、いい?という質問。
今日ごはんつくってあげるね」という言い方では、後者の女性は少し強圧感に感じられます。
その点、前者の女性であれば断る自由さと同時に、育ちのよさも表れています
150415241454-thumb-815xauto-19460

男性はこういう女性を望むのです
恋愛下手な女性は、表現下手なのかもしれません。

なにもかにも質問形式では、男性にとってはうるさい対象になってしまうかもしれません。
どこで、質問形式にすべきかを使い分ける判断力を持ち合わせた女性を目指しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム