「求められている」自分に気づこう♪


求めるものを察する気配り♪

相手の欲しいものといった場合。
「もの」は、お金やプレゼントなどの「もの」も含まれます。
ですが、もっと広い意味では「行為」も入ります

相手と一口にいっても、いろいろな相手がいます。
親兄弟から会社の上司まで、あらゆる相手が存在します。

その人たちそれぞれにとって、欲しいものがあります。
相手の数だけ欲しいものがあると考えていいでしょう。
5女の子

ここにも人間関係のひとつの形があります。
相手に喜ばれるためには、相手の欲しいものがわかる必要があります

恋人は何が欲しいのか?
友達は何が欲しいのか?

それぞれに欲しいものがある。
それを一つひとつ的確にわからなければありません。
欲しいとは、いいかえれば、こうして欲しいという願望です

欲しい人が欲しいものをはっきりという場合はいいのです。
ですが、いつもそうとは限りません。
相手にしてみれば、どうしてほしいのかがわからないときもあるのですから。
IMGL5297_TP_V
何かが欲しいのだけで、それが何かと聞かれても、うまく答えられない場合もあります。
商品とそれを買う客との関係は、まさにそういうものです。

客は何かが買いたいのだけど、具体的にどういうものかいえません。
ある日商品が店頭に並んで初めて、自分が欲しかったのはこれだったと気づくのです。
商品だったらこれでいいのですが、人間関係に即した場合には事情がだいぶ違います。

ヒントの気づく能力を養うしか、欲しいものを知る名人になるこつはありません。
ヒントはいろいろなところにあります
相手が仕事の忙しさをたびたび口にしたら、安心感や安らぎを求めていると気づきます

求められている自分を意識しない限り、先には進めません。
何を求められているかは、その次の問題です。
あなたはいろんな人に、いろいろなものを求められています。

求められている自分は必ずいます。
このこと自体に気づかない人がいます。

せっかく求められているのに、それを知り得ないのです。
もったいない話です。
求められるとは、期待されているということです
バルーン

どんな人も誰かに何かを求められています。
そんなことはないとか自分は期待なんかされていないと思ってしまう。
それは、ただ気づいていないだけです。

求められているということは、人間関係の基本です
人間関係にはもともとそういう部分があるのです
人は何かを求める、という法則です

人間関係が下手な人は、このことを無視しがちです。
相手が求めているものに、気づこうとしません。

気づかない代わりにどうするかというと、自分がしてほしいという要求。
それだけを相手に突きつけるのです。
だから、人間関係がうまくいかなくなるのです。

まず自分が相手に求められていると考えます。
この順番を間違えなければ、人との関係はスムーズにいくようになるのです。

チャットレディのお仕事に置き換えた場合。
お客様が、何を求めているのか...。
それを察知する習慣をつけることが理想です♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム