「求められる自分」を意識する♪


「相手の求めるもの」を正確にキャッチする♪

相手の欲しいものといった場合の「もの」。
それは、お金やプレゼントなどの「もの」も含まれますが、広い意味で「行為」も入ります。
相手と一口にいっても、いろんな相手がいます。

親兄弟から会社の上司、お客様まで、あらゆる相手が存在します。
その人たちそれぞれにとって、欲しいものがあります。
相手の数だけ欲しいものがあると考えてもいいでしょう。

ここにも人間関係のひとつの形があります。
相手に喜ばれるためには、相手の欲しいものがわかる必要があります

恋人は何が欲しいのか?
友達は何が欲しいのか?
家族は何が欲しいのか?

それぞれに欲しいものがあって、それを一つひとつ的確にわかるのが理想です
欲しいとはいいかえれば、こうしてほしいという願望です

欲しい人が欲しいものをはっきりという場合はいいでしょう。
しかし、いつもそうとは限りません。
相手にしてみれば、どうしてほしいのかがわからないときもあります。

何かが欲しいのだけど、それが何かと聞かれても、うまく答えられない場合があります。
人は欲しがるものに関して、常にヒントしか教えてくれません

マーク?

欲しいものをズバリいうのに、照れがあるからです。
たとえば、恋人に向かって「あなたの愛情が欲しい」とは言いにくいものです。

それにはヒントを養う能力をつけることです
しかし、欲しいものを知る名人になるコツはありません。

ヒントはいろいろなところにあります。
男性が仕事の忙しさをたびたび口にしたら、安心感や安らぎを求めていると気づきます
アドベンチャー映画やホラー映画の話を熱心にしてきたら、刺激を求めていると感じます

求められる自分を意識しない限り、先には進めません。
何を求められているかは、その次の問題です。

求められている自分が必ずいます
このこと自体に気づかない人もいます。

求められるとは、期待されるということなのです
どんな人も誰かに何かを求められています。
求められているということは、人間関係の基本です

ブーケ

人間関係が下手な人は、このことを無視しがちです。
気づかない代わりにどうするかというと。
自分がしてほしいという要求だけを相手に突きつけがちです。

まず自分が相手に求められていると考えます
そして、相手が求めているのは何かを考えます

それから、相手に自分が何かを求めているかを考えます
この順番を間違えなければ、人との関係はスムーズにいくようになります

難しいようですが、ためになる内容ですね。
期待されることに、時にはプレッシャーを感じることもあります。
無理に期待に答え過ぎてもストレスを生みます。

チャットレディ問わずお仕事は期待されることはやる気をくれます。
札幌の女性は、特に頑張り屋さんが多いようですね。
あまり気負わず、気持ちを楽にお仕事をしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム