「モノ」にも感謝を込めて♪


モノにも「さん」づけをする♪

関西人は、地図の書き方が違います。
その地図は、「〇〇電機さん」「〇ーソンさん」。
このように全部「さん」づけをしています。

全てに於いてではなくとも、「さん」づけは体に叩き込んでおいたほうがいいことです
特にサービス業をしている人(チャットレディ)は「お客」という言い方はNGです。
「お客様」です。

あるタクシーの運転手さんが「さっきナビさんに、20分で着くと出ていたんですけど」。
と言いました。
そう言われると、怒る気持ちがなくなります。

「ナビさん」と言う運転手さんは、いい感じの人だと思います。
「ナビさんもなかなか限界がありますからね」と言うと、ナビに対しての愛着を感じます。
「ナビさん」と呼んでいる人の人格に余裕を感じます。
drive0720IMGL7202_TP_V

あらゆるものに「さん」づけしておく習慣をつけておく。
すると、やがてそう言わないと気持ち悪くなります。
「さん」づけをしないと気持ち悪いというようになることが大切です

ただモノに「さん」をつけるのではありません。
モノに対してマナーをよくするということなのです。
これが人格としてのマナーを身につけることなのです。

花一輪の

モノを、またがない。

見た目やスタイル、ビジュアルでは「マナーがいい」とは感じません
美人とかそうではない、そんなことではないのです。

マナーには、必ずその後ろに「文化」があります。
文化があって、初めて「マナーがいい」と感じるのです

文化というと、大げさに感じます。
子どもの時から言われていた親の口グセが、文化なのです
両親から、どんなことを言われたか、思い出してみてください。

自分の中に必ず文化があります
それを思い出すことによって、文化をより意識するのです
それを次の世代に受け渡していきます。

すべての自然、人、モノに敬意を払い、感謝し、愛情を注ぐことが文化です
その文化を大切にすることが、マナーなのです

普段、ガサツな女性でも、枕はなかなか踏めません。
「意外に礼儀のいい女性だな」と思います。

枕は何か踏みにくいのです。
その感覚を残しておいて、目覚めさせ、よみがえらせます。

PJMIMGL0285_TP_V
年を重ねるほど、親に教えられたことを思い出します。
思い出すのは、大切なことだからです

大切なことは、子どもの時から言葉でインプットされます。
すでにインストール済みなのです。
GMKN_STUDIO_026_TP_V1
パソコンでも、インストールしたものがどこに行ったかわからなくなることがあります。
それをいかに思い出せるかということなのです。
マナーは、テクニックよりも人格がベースになることを知っておきましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム