自分の「持ち味」を持つ大切さ♪


あなたの「色」を知っていますか?

人はみんな同じではなく、一人ひとりが違います。
また備えている持ち味もそれぞれに違います

その人の持ち味は、それまでの生き方が凝縮されて放れてくるものです。
ですから小さなときからの積み重ねによって形づくられるともいえます。

その持ち味は、ものすごく活発で活動的な人なら赤
物静かで落ち着いている人なら青

このように、他の人に「色」を連想させることもあるかもしれません。
オレンジを連想させる人もいれば、紫や茶色をイメージさせることもあります。
人によって、その人らしさを感じさせる持ち味はさまざまです。

また、その人らしさを感じさせる色の濃淡もあります。
それはどのようなことを、どれくらい積み重ねてきたのかで、変わってもくるものです。

誰から見ても「あの人は赤」と言われるほど、色濃く自分らしさを発している人もいます
片や、「あの人って何色?」と思われてしまうような、ごくごく薄い人もいます
pak35_enogutoparetohude_tp_v

自分ならではの持ち味をたくさん発揮している人ほど、その存在感は増していきます
なので、多くの人の目にとまるようになります。
反対に薄ければ薄いほど、存在感もまた薄くなっていって、目立たなくなっていきがちです

誰かから必要とされ、何かにつけて「あなたに」「あなたでなければ」と人から選ばれる人。
そのような人は、積み重ねてきた自分の持ち味をきちんと知っています
そして、そこをしっかり生かしている人と言えるでしょう。

一度「自分らしさって、どこだろう」「どのような持ち味があるのだろう」。
と、考えてみるのもいいかもしれません。

リクルートシーズンになると、街には一気に紺や黒、グレーといった色が増えます。
みんな、就職面接のために判で押したように同じスタイルをしているからです。

みんなと同じであることを一番にして、本来の自分の色を消してまで合わせようとします。
これでは、その人らしさを発揮していくことも難しくなりがちです。
YUKA862_megane15205354_TP_V

ここは自分らしさ」という部分をきちんとわかることが必要です。
その他大勢とは一味違う色を発していくことができるようになるものです

自分はここが売り」「ここは誰にも負けないと思う」。
何でもいいのです。

自分というものが伝わっていくような何かを見つけることが大切です
そして、そこを光らせていきましょう

時間をかけて中身をつくっていけば、必ず自分の色というものが出てきます
恋愛や仕事、人づきあいにしろ、最後に選ばれるのは姿形ではなく中身のある人です

hutatunobara
ですから「自分」という存在を、オーラのように発することができるのです
自分の色.自分の持ち味」を自信をもってアピールできるチャットレディを目指しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム