「認める」ことの大切さ♪


認めてくれる人からは離れられない

これまでに自分を好きになってくれた人の理由を考えたことがありますか?
そこには「自分を認めてくれて、いつも信頼してくれて、褒めてくれたから」。
このようなことが当てはまらないでしょうか。

人は、いいところもあって、悪いところもあります。
欠点に目を向ければキリがありません。
無題

「認める」というのは、そういう欠点も含めて、自分という存在
それを肯定的に捉えてくれているということです

ダメな部分はこんなにいっぱいあるけど、いいところもあって本当はいい人。
本当は頑張っているとか、本当は真面目。
自分の根っこの部分をわかってくれるということです。

「信頼する」とは、いくら無茶しても人間性を全面的に信頼してくれているということです
人それぞれ価値観が違います。

「信頼する」という範囲がなるべく同じくらいの人と一緒にいる。
そのほうが居心地がいいに決まっています。
自分が大切な人を悲しませたり、泣かせたり、心を壊す人はいないと思います。

「褒める」ということ
これは「すごい」「がんばってるね」「えらい」とかベタベタに褒めることではありません

自分の人間性、本質とか、やりたいことを、ちゃんとわかってくれている。
自分の生き方に賛同してくれていて、落ち込んでいたり、迷っていたり。
悩んでいたら、ちょっとしたことでいいから褒めてほしいと思うものです。

kawamura1030IMGL3913_TP_V
怒られて伸びるタイプではない人もいます。
そういう人には、ちょっとしたことを日々褒めてくれる人が身近にいないと伸びようがありません。

あなた自身、自分の周りにあなたの行動をちょこちょこ褒めてくれる人がいますか。
そんな人がいたなら伸び伸びと仕事が出来ているのはその人のお陰かもしれません。

花でさえ、毎日踏みつけられているより、「綺麗に咲いて」と声と水をかける。
そのほうが、綺麗な花を咲かせてくれるといいます。

人間も絶対同じです。
そういう「褒めてくれる人」が身近にいることは、絶対にいいことです。

「自分を認めてくれて、いつも信頼してくれて、褒めてくれる人」
こんな人がいたら絶対手放してはいけません
いい女、いい男のそばに必ず、こういう人が存在します

お互いの人間性を尊重できて、お互いが尊敬できて、お互いが認め合える。
信頼しあえて、褒めあえるような、精神的に独立した人同士で付き合う。
そのほうが、お互いに成長できるのではないでしょうか。

ELLYhiganbana-20169272_TP_V
欠点も含めて受け入れることは時間をかけて信頼関係を築きあげていく必要があります。
異性に限らず、同僚、友人一人でも多くこのような関係性を作ることをお薦めします♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム