逆の発想で「魅力」を引き出す♪


「違和感」を武器にする♪

あなたは、自分のチャームポイントをすぐに言えますか?
「う、うーん...」と答えにつまってしまう人は要注意です。
自分の魅力を活かしきれていない可能性があります

チャームポイントは必ずしも自分にとって「好き」な部分とは限らないということです
たとえば、切れ長の目、大きな口、クセ毛、えくぼ、そばかす...。

今までほめられてきたことを「チャームポイント」と捉えてはいませんか。
ほめた側は本気でそれを魅力だと思っているとします。
でも、本人は「気にしてるのに..」と素直に受け取れないことがあります。

でも、ここが女性としても魅力を手に入れるための大きな分かれ道です
大事なのは、自分の好き嫌いと、武器になる魅力が違う時に、受け入れることです

自分の好き嫌いで判断するのではなく、そこが武器になる魅力だと認めるのです。
「チャームポイント」を肯定して、ひきたてることで「個性」という魅力は育まれます

kannyou
人は相手を知ろうとするときに、特徴のあるところから覚える習性があります
人とは違うチャームポイントがあると、それを武器にして、人をひきつけることができるのです

多くの女性が美を求めるあまりに、整った顔立ちを目指そうとします。
それで必ずしも魅力が増すわけではありません。

コンプレックスが克服できたと自己満足できるかもしれません。
実際にきれいになったと言われるかもしれません。
女性

しかし、そのせいで、魅力を失ってしまう場合もあります。
「見てしまうところ、特徴的な部分」はチャームポイントを活かすためには大事な要素です
一度会っただけの人でも、印象を思い出せるくらいのほうが魅力的です

「チャームポイント」は魅力と、自分が認められるようになるにはどうすべきでしょう。
それは「キャッチコピー」です。

もしあなたが、自分で魅力だとなかなか認めらず、コンプレックスとしか思えない。
そういう場合は、「言い換え」というテクニックがあります。

田舎っぽい=「清純、ピュア」。
暗そう=「クール、ミステリアス」。

色黒=「元気で健康的」。
一重まぶた=「切れ長でセクシー」。
ぽっちゃり=「グラマラス」。

このように見方を変えるだけで、同じ特徴でも180度違うイメージを作ることができます。
まずは自分自身の意識を変えることが大事なのです

チャットレディは相手の記憶に残ることができることが重要です。
それがリピーターにつながります。
それだけでかけがえのない武器になることを自覚しましょう。
jyosei5
自虐的でありながら、自分自身の本当にいいところを魅せる。
そのためには恥ずかしがらず、素直に自分の魅力を出すことを大切にしてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム