「魅力」の本質とは?


魅力は外見が全てではない

魅力というのは、人の心をひきつける不思議な力です。
人はいろいろなものにひかれます。
対象が人間であれ、自然であれ、その美しさが魅力の源泉になっているのです。

人が美しいものにあこがれというのは、いつの時代も変わりない自然の現象です。
しかし、魅力の源泉である美しさは、固定的なものではありません

時代によって美の基準は変わっていきます。
魅力はその時代の生活一般に広く結びついているからです。
男性たちは、あこがれの女性をいろんなことばで表わします。

「彼女の瞳は男性をなやます」「頭が冴えてる女性」「知性にあふれている」。
「明るくて積極的ないい女性」「健康的で大好きなタイプ」「感じのよい人だ」。
「素直で人柄のいい人だ」「誠実な人で安心して付き合える」。

あげればキリがありません。
彼らのことばから共通していえることは、男性たちは姿かたちの美しさで判断していないことです。

もちろん、これらは男性に対してもいえることです。
人柄、知性、品性のよさのほうに、より強く魅力を感じるということです。

魅力を決めるのは自分ではない

自分の魅力を決めるのは「自分」ではなく「相手」です。
自分で魅力的だと思っていても、相手がそう受け止めなかったら意味がありません

よく唐突なスタイルで主張しようとする現代人がいます。
とっぴなふるまいで注目させようとする人もいます。
多くの場合、失敗に終わるのは、相手の心の法則に合わないからです。

最初はその異様さに相手も驚くかもしれません。
しかし、ほんとうの意味で相手が心を引かれる対象になっていないということです。
これでは長続きはしません。

世間でよく「あの人は個性的で魅力がある」といういい方をします。
そのせいか、魅力は個人の生まれたままの勝手な特性、つまり野生のように考えられています。

本当の魅力や個性とは、社会の中で磨きあげられ、洗練されたプラスの特徴です。
野生と個性とはまったく違うものなのです。

個人の生まれつきの特徴が、人間社会の生活の中で磨きあげられる。
そこで、はじめて多くの人に通用する、社会性の備わった個性が高められるのです。

社会の中で磨かれていないものは、あくまで自分よがりの自己満足で終わってしまいます。
それでは、本当の魅力にはならないのです。

自分では意識しないときの全体像として、他人がその魅力を決定することになるのです
あなたの魅力を審判するのは「他人」であることを心に銘記しましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム