「味方」を一人でも多く作ろう♪


まわりの男性を味方につける♪

たいていの人は自分の得意分野をもっています。
期待をかければかけるほど能力以上のことをやってくれます。
また人それぞれ得意分野が違います

そういう自分に協力してくれる人の人数が増える
そうできれば、世のなのすべてのことが網羅できる状態になります
自分のまわりの人を全員味方につけ、だれも敵にまわさなかったら、その人は最強です。

ただし、全員というのは不可能です。
全員味方につけて敵にまわさないのは不可能。

でもなるべくまわりの人を味方につけて、協力してくれる人を増やすこと。
これは可能だと思います。
B102_enjinwokumuahirucyan_TP_V
自分がどれだけ無能でも、たいていのことはそれが得意な人が代わりにやってくれる。
なので、うまくやれそうな気がします。
そこで、なるべく自分の協力者を増やすためにできることを紹介します。

自慢話をしない、威張らない、謙虚に生きる、努力をしている姿を見せる
功績自慢、金持ち自慢、もちもの自慢。

これらは絶対してはいけません。
自慢する人のために協力しようとする人はいないからです。

スマートにかっこよく物事をこなしたいと、わざと努力している姿を見せない人がいます。
それはもったいないことです。

本人にも、そのまわりの人たちの前でも、自分のまわりの人を褒める
自分が特別な存在だといわれるはうれしいものです。
本心から自分も存在や能力を認めてくれる人には、とことん協力しようと思います。

わかりやすいキャラづくり
シンプルなものに人は惹かれます。

例えば、あなたがお菓子が大好きだとします。
そして、彼が、あなたが喜ぶと思って、いつも買ってきてくれます。

でも、あるときは喜んで、ある時はダイエット中だから自分の目の前において怒る。
またあるときはお腹がいっぱいだからとふてくされる。
これでは次回から買おうか迷ってしまいます。

そして、喜ばないかもしれないことはやっても無意味だと思います。
そして買ってこなくなります。

PPO_1000maicake_TP_V
もちろん、人間なので、ダイエットもしたいし、お腹がいっぱいのときもあります。
いつも同じリアクションが厳しいのも、わかります。

人は完璧にできるわけではありません。
でも、なるべく感情をコントロールできるよう心がけましょう

このように「喜ぶ、怒る、哀しむ、楽しがる」。
リアクションを一律にすると、喜んだり楽しくなったりすることは、やってくれるものです。

とくに男性は女性に頼りにされることに格別な喜びを感じます。
しかし、何かにつけて頼りにするのではなく、感謝の気持ちで接しましょう。
男性が利用されてると感じてしまったなら協力以前の話に、人間性を疑われます。

これは異性に対してだけではなく、同性にも言えることです。
協力してもらったら、自分の得意分野で協力してあげる
その積み重ねで信頼関係も強くなっていくと思います

C824_shirobaratoribon-thumb-815xauto-15059
人間関係が豊かであれば、あなたの生き方も豊かになります。
与えられたら与えるの気持ちで人と接していきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム