「目と爪」のメイクポイント♪


つけまつ毛とカラーコンタクトの使い方には注意を

キレイとイタいは、実は紙一重のことが多いのです。
キレイはガツガツしていてはいけません。
食欲さが出ると、途端にキレイさが損なわれます。

だから、キレイのツールはさりげなく投入しましょう。
最も気をつけるのは、つけまつげやカラーコンタクトなどのフェイクもの。
これらは女性を生まれ変わったようにかわいくする魔法の道具です。

その反面、威力が大きい分、つけるのが難しいものでもあります。
まず、つけまつげは一本一本の毛が繊細でハリとやわらかさがあるのものを選びます。
太く硬いものはわざとらしくなる上に、目が小さく見えることもあります。

マスカラで自分のまつげと丁寧になじませたり、毛の長さを合わせたり。
カールの角度を合わせたりと、この丁寧なプロセスが肝心です。
芯は黒ではなく透明なものを選びましょう。

目の幅を倍増したいときには、目尻よりはみ出して長めにつけます。
憂い感を出したいときは、目尻に部分足し。
ぱっちりさせたいときは、黒目上に部分足しします。

部分足しは断然リアルでキレイに見えます。
ピュアさが際立つ、目が大きく見える下まつげのつけまつげオススメです。

コンタクトは、大きすぎる、黒すぎる、茶色すぎるなど、すぎるものはNG
黒よりソフトなブラウンにすることで、肌色が明るく見え雰囲気もあか抜けます。

ハイレベルは爪で作る♪

おしゃれな人の爪は、シンプル.シック。
洗練された爪が出来る人はハイレベルです。
身に付けておくべきテクニックは、爪の色を顔の色に合わせるという技です。

なぜなら手は、顔の近くにあることが多いからです。
そして、意外と顔とセットで他人の印象に残っています
ですから、口紅やチークを選ぶように、自分の肌がキレイに見える色を選びましょう

ネイルの色ひとつで、ふんわりやわらかな肌に見えたり、逆にくすんで見えたり。
この小さな面積には、かなりの威力があるのです。

オススメのカラーは肌の透明度が高く、ピュアに見える水色。
肌トーンを上げ、トレンド肌に見せたいならグレージュ。
ふわふわベビー肌になりたいのならシュガーピンク。

セクシーフェロモン肌なら肌のあらをとばすネーキッドピンク。
上気したようなジューシー肌はクリアオレンジやレッド。
赤は澄んだ白肌に見せてくれます。

日本人の肌に合うのはピーチピンクです。
黄色みを帯びた日本人の肌をみずみずしく、温かく、透明に見せてくれます。
華やかさや色っぽさを一瞬で手に入れる魔法の色です。

つけまつ毛やマニュキアも安く買えますね。
色んなものを試して美しさを探求していきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム