間違った「メッセージ」贈っていない?


男性が「一番苦痛を感じるメッセージ」

女性は、男性が自分の希望通りにしてくれない。
すると、「そうじゃない、こうしてちょうだい」。
と注文をつけることがしばしばあると思います。

すると、彼のほうは自分のやり方ではまずい。
そういうメッセージを、何度も何度も受け取ることになります。
そしてたいていの男性は、これを支配されていると受け取って拒絶します
PAK85_xvidman20141123104413_TP_V

反対に、女性が男性を過大評価する場合があります。
ですが、この課題評価もまた、彼をどうにかして変えようとする無意識の試みです。
「ああして、こうして」と改善しようとするのと同じくらい彼を傷つけます

つまり、「今、あなたがしてくれていることは、十分じゃないのよ」。
「だからあなたに、これだけの評価に値する人になってほしい」。
「そういう願いを込めて、評価を水増ししておくわね」。

このように遠回りしに言うやり口なのです。
一見、彼を高く評価しているように見えます。
ですが、彼のほうは、「あなたは不甲斐ない」というメッセージだと受け取っています

これは、男性にとっては苦痛以外の何物でもありません。
男性が、しっかりした女性に非常な脅威を感じるのも、これが理由です。

max87_sabisisounahyoujyou20140531_tp_v
男性は、改善されたり支配されたりするのを本能的に恐れます。
だから、自分を変え、改善したいという彼女の希望を感じとったとき
自分を守るために彼女の力を抑え付けようとするのです

感謝できない女性は「満足」もできない?

女性が、男性を評価していない場合によく見られる特徴があります。
表面では彼の希望や意志を尊重しながら、彼から支えてもらえないのを恨んでいることです。

こういう女性は妥協しやすく、あまり自分の希望を主張しません。
だいたいにおいて満足しているという見せかけのメッセージを送っています

楽しくもないのに、彼のために犠牲を払いつづけ、与えつづけます
そして、彼も犠牲を払って自分に応えてくれることを期待しています
CHIHIROIMGL1401_TP_V

「私は強いから助けはいらない」。
このようなメッセージを発しておきながら、誰も助けてくれないと不平を言います。
尽くしてはいるけど、相手が一番求めているものを与えていないのです

その挙げ句にこう言います。
「あれほど尽くしたのに、何も返ってこない!」
「あれほど」尽くしたのに何も返ってこないと感じているとしましょう。

彼女は2人の関係がはじまって以来、彼が本当に求めていたもの...。
つまり感謝の気持ちを与え損なってきたのです
彼を愛し、尊敬はしていたかもしれないが、本当に評価する気持ちに欠けていたのです

男性からこんなふうに手痛い思いをさせられる女性。
その女性は男性を評価することに、どれほど大きな意味があるか理解していないのです。
真に評価するとは、こういうことです
Kazukihiro171227DSCF8809-Edit_TP_V

彼は本当に私を幸せにしてくれたわ。
私も尽くしたし、彼も私にとてもよくしてくれた。
2人で過ごしたら素晴らしい時を、私はいつまでも忘れない


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム