「メンバー意識」を持つ会話法♪


「メンバー意識」を持てば自然とうまくいく♪

言葉を補う助っ人が声と表情です
自分は、この会話で時間を共有しているメンバーの一人だと思いましょう。

そうすると、その場にいる人全員に「聞こえているかな?」。
このように、気を配ることもできるでしょう。

またメンバーの一人として、次のような表現できるでしょう。
他の人の話に共感すれば自然とうなずき、ほほえんだりするはずです

これは、「○人での会話の場合、□くらいの声の大きさにする」。
「共感したときは、うなずきましょう。ほほえみましょう」。
というような決まりを暗記しているわけではありません。

会話に参加しているという意識が、無意識の調整を可能にするのです
いろいろな知識を手に入れても、すぐに実践でうまくできるわけではありません。

実践の場で、必要な知識を必要なときに思い出す。
これは、とても難しいことです。

メンバーも内容も流動的な会話において、知識を当てはめて使う。
それには応用力、発展力、臨機応変の対応が必要です。

「最初からできない」のはあたりまえです
気にすることはないのです
うまくやろうと思うこともありません

うまくできるようになったら会話に参加すると考えないことです。
うまくできないからこそ、メンバーという意識で会話に参加してみてください

メンバーの一人という意識があれば、利点があります。
知識を思い出して使うことに一生懸命にならなくてもいいのです。

徐々に声や表情まで無意識の調整ができるよになるはずです
気づけばその場を上手に過ごせる人になります。

150912505714_tp_v

好きな人とも、単語からで十分♪

「男性とだけ思ったように会話ができない...」。
「聞きたいことはたくさんあるのに、途中でワケがわからなくなって会話が続かない」。
こういうことはよくあることです。

特別なことをしようとするよりも、日常の中ですでにやっていることをすればいいのです
できていることを先に思い出してみれば、「なぁんだ」って思うことは意外と多いものです。

友達や会社の中での会話なら特に不自由を感じることがない。
そのような人は、男性との会話でも同じようにできれば問題ないのです。
言葉がしゃべれなくなるわけではありません。

うまくやろう、好かれよう、嫌われてはいけない...。
そんな思いが、いつも自分どおりに振る舞えなくなる原因です

でも心配しないで大丈夫です。
あなただけではありません。
異性の前では誰だってそんなふうになりがちなものです。

ただこれは、「考えすぎ」なのです。
そんな単純なことだったりするのです。
ただそれだけなのだと知っておきましょう。

150912275732_TP_V
いろいろ考えすぎないように、まずは単語で勧めましょう。
友達との会話、そんなに必死に話すことを考えていますか?
「あ、そういえばさ」など、話題も勝手にふったりふられたりしているはずです。

はぼ単語で進んでいるやりとりだって、結構あるものです。
それで気まずくなることなんかないんです。

お互いに気楽に、思ったように話せれば、それで十分良い会話といえるのです
緊張しがちのチャットレディさんは、普段の友達との会話をイメージしてみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム