「瞑想」でプラス思考へ♪


プラス思考に切り替えるポイント♪

人は、日々、さまざまなストレスにさらされています。
会社での人間関係、それ以外での人間関係。
毎日がストレス漬けです。

それでも多くの人は、日常生活の中にささやかな幸せを見つけだします。
それで、うまく自分をコントロールして、ストレスに耐えています

ストレスにとらわれすぎている人は、いつも疲れています。
なので、仕事で実績を上げたとしても、喜びや達成感はあまり味わえません。
ストレスを抱え続けると、当然、心と身体によくありません。

生活の中にも、毎日に対する不満や発散できない感情がたまっています。
うまく発散していかないと、いつかダウンしてしまいます。
ですから、人は、何かしら、自分にあったストレスの発散方法を見つけようとします。
kannyou

お酒が好きな人なら、お酒を飲んでリフレッシュする。
歌が好きなら、カラオケで発散する。
スポーツが好きならスポーツで汗をかく。

そして、心身を休めるのにもっとも効果があるのが「睡眠」です
睡眠が、疲労回復に役立つことは、誰もが実感していることだと思います。

嫌なことや悩みがあるときでも、一晩寝ると、昨日の不快な気分は忘れていた。
という経験した人がある人はいるでしょう。
これは、睡眠によって身体の疲れはもちろん、頭の疲れも癒されているからなのです

では、睡眠時間は長ければいいと思うかもしれません。
そうとも限りません。

人間は、起きている状態と寝ている状態のリズムに中で生活しています。
なので、眠りすぎてしまうとリズムが乱れ、逆に頭がぼんやりします。

逆に、短すぎると、疲れがとれずに意識がもうろうとしてしまうこともあります。
一日中爽快な気分になれないものです。

睡眠の必要な時間は、人によってさまざまですが、一般には、八時間くらいと言われています。
でも、なかなか十分に取れないという人も多いでしょう。
IMARIC20160805310323_TP_V

そんなときは、ちょっとした休憩時間にでも仮眠をとることが理想です
簡単に寝付けない人でも、横になって何も考えない時間を持ってみてはどうでしょう。
靴を脱いで、身体の力を全部ぬき、仰向けになって寝転がるのです。

「今、自分はプールにぷかぷか浮いている」
「好きなことに没頭している」
「好きな人と一緒にいる」

気持ちがリラックスできる場所や時間を想像してみるのです
こういった「瞑想」は疲れがたまっているとき、忙しくて睡眠がよくとれないとき。
何か悩みを抱えているときに、心身をリラックスさせる方法として有効です

長い時間がとれなくても、ちょっとした時間を使って、「瞑想」をする。
これだけで、心身を正常な状態に戻す効果があるのです。

IMARIC20160805472116_TP_V

仕事をする時間をオン、休みをオフと区別して、オンとオフの切り替えを上手にする。
それが、ストレスにとらわれたままの時間がだらだら続くのを避けることができるのです。

磨き上げたチャットレディさんが疲れた顔をしていては魅力も台無しです。
ストレスを感じているときは、「瞑想タイム」をつくりましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム