「メイク」は財産♪


個々の「美のアベレージ」を満たすには?

女性には、自分にしかわからない「美人の日」と「そうでない日」があります。
顔に自信がないと、心も憂うつ。
鏡を見て「今日はアイメイクがキマッていない」「髪型がイマイチ...」。

こんなことを気にしだしたら、出かけるのも億劫になります。
逆に「今日はイケてる」と感じたら、どこかに出かけて誰かに会いたいという気分になりますね。

顔や髪型だけで、その時の気分が左右されるのが女性です。
周りの人に「昨日と同じだよ」と言われても、自分には納得がいかない人もいます。

極端に言えば、顔に吹き出物があっても気にしない人もいます。
なにもなくても、自分の顔がイヤで仕方がないと考えてる人もいます。
「気にならないよ」と他人が言うことでもなく、良い悪いは自分自身の判断ひとつです。

美のアベレージ」は個々の心が決めるものです。
メディアで流れるCMは「今のメイクはコレ」とひとつに決めてしまいがちです。
確かにキレイに仕上がってますが、実際どこまで近づけるのか?難しいところです。

第一にモデルの顔と私たちの顔は違います。
年齢も若い子がターゲット、流行の色も好きな色とは限りません。
何よりも、撮影用のライトの効果は絶大です。

でも、試してみたいのが女心です。
もしも、その結果が「似合わない」「面倒」と感じたなら、メイクは負担になるばかりです。
ひとりひとりの顔立ちや年齢でメイク方が変わるのは当然です。

雑誌やテレビで紹介される最新のメイク法に、答えはありません。
メイクをすることが負担になっては本末転倒。
いやいや鏡に向かったところで、元気な顔は作れません。

メイク自体が「敵」に思えたら、まったくの逆効果。
顔も生活も個人差があるのですから、欲しい顔も違って当然です。

そして、誰でも若くてキレイになれるメイクをしたいのは永遠の願望です。
今は、学生からメイクばっちりの時代です。
お仕事をする年代なら、メイクはマナーとして欠かせません。

多少は、雑誌などからヒントを得てメリハリを付けるのも良い方法だと思います。
そのモデルになるのは無理な話しでも、近づけるかも?というチャレンジ精神も必要です。
適度に情報を取り入れて、自分の「美のアベレージ」を上げてみるのはいかがでしょうか。

若くて、キレイとほめられるのは女性にとっての「栄養」です。
メイクを自分のものにすれば、ひとつの「財産」になります。
自分の納得のいく顔になるまで「」を追求して行きましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム