どんどん相手が話したくなるマジックワード


どんどん相手が話したくなるマジックワード

それは、、、

「◯◯してください」

話し好きのお客さんには「教えてください」で対応する。

チャットレディのお仕事で大切な会話。
会話で大切なのは、相手に合わせて「反応」する事です。
「反応」には2種類があります。

「目に見える反応」と「目に見えない反応」

会話の反応といえば、やはり「返事」ですよね。
しかし、いくら気の利いた返事をしても、無表情で返事をするのでは味気がありません。
きちんと話を聞いてるのかと、不安になります。

反射的に言葉を返してるたけではないかと思い、話したい気持ちが薄れます。
もちろん返事も大切ですが、もっと大切なのは表情です。

表情は目に見える反応です。

怖い話をしたときの怖がった表情や、難しい話をしたときの困ったような表情などです。

話をしたとき、相手の表情に変化があるリアクションがあると相手の胸の内がよく分かりますね。
目に見えて分かるリアクションをしたほうが、気持ちを伝えやすくなります。
話しやすくなるのです。

そういう意味で、乗りのいい人には、多種多様な表情があります。
笑っている表情、困った表情、驚いた表情、泣いた表情、真面目な表情、必死になっている表情。

豊かな表情は、会話を盛り上げるスパイスです。
はっきり目に見えるリアクションを取ると良いですね。

更に言うならば基本的な反応は頷きですが、より相手の話をなめらかにする返しの言葉があります。

「知りませんでした」と「教えてください」

お願いの言葉です。

「頷き」が波に乗せるリズムであるなら、「知りませんでした」「教えてください」は、相手の言葉を引き出す潤滑油のようなものです。

私は人間には三大欲(食欲・性欲・睡眠欲)の他に「教育欲」があると思っています。
人に教える、という行為は快感ですし、誰しも「教えてください」と言われれば嬉しいものです。

  • まさに「教えてください」はマジックカード

また「知りませんでした」は、相手に優越感を与え、「教えてやろうか」という気にさせる誘い文句ですから「教えてください」の前に使うと有効的です。

・今回の出張は俺達の会社に今後大きく影響がでるからな。
・え、そうなんですか。全く知りませんでした。なぜなんですか?(教えてくだい)

ときには知っていたとしても、会話を盛り上げる意味で、このフレーズを活用することも必要です。
ただし、たんなる無知と思われるような質問は、評価を落としてしまいますので、注意が必要です。
今は使われていない昔の技術などは、社長や部長が喜ぶ質問。「昔はねぇー」と話が弾みます。

こちらをマスターすれば、チャットレディとして更に成長出来る事でしょう。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム