「待つだけ」では次はない!?


自分ができることを精一杯してみる♪

初対面でいいなと思った相手が、すぐに2回目を誘ってきてくれた...。
そうならば、言うことなしですが、現実はなかなかそうもいきません。

待てど暮らせど連絡がなかったり、「またぜひ!」と言われて舞い上がっていた。
なのに、最後まで「またの機会」は訪れなかったりします。

そんなとき、みなさんが取るべき道は大きく二つあります
誘われる」か「誘う」かです。
ビリヤード

「誘わせる」はたしかに魅力的です。
さまざまなテクニックや巧みなメール術で相手をその気にさせる。
そして、相手が誘ってくるようにお膳立てをする。

女子サイドとしては「断れる」というリスクがありません。
表面上は相手がリードしてくれるなど、いいことづくめです。
ですが、なんといってもまだるっこしいのが玉にキズです。

どれだけお膳立てしても、結局行動するかしないかは相手次第です
思うように進まないとイライラしてしまいがちです。

そのうち「これだからイマドキの草食系は」と、あきらめてしまうことになりかねません。
やはり、シンプルに自分から「誘う」ほうが精神衛生上はよさそうです。

自分ができることを精一杯やる
自己満足でもいいのでとことんやる

もしあきらめるとしてもやるだけやってみる
その心意気こそ、イマドキモテ型女子に必須のマインドです

もちろん、自分から誘うのは勇気がいります。
断られたらへこむみます。
慣れないうちはうまくいかないことも多いでしょう。

でも、イライラしながら相手の出方を伺うよりも、よほど気持ちよく毎日過ごせるはずです。
「いいな」と思ったら深く考えずに、さらっと誘いましょう
0i9a7278_tp_v

誘い文句はストレートがいいでしょう。
「飲みにいきましょう」「ご飯を食べに行きましょう」あたりがおススメです
そして、誘いのメールを送ったら、あとはジタバタせずに運を天にまかせます

ちなみに、一度断れたからといってあきらめてはいけません。
みなさんが好きになるようなナイスな男子であれば、仕事でも引っ張りだこなはずです。

毎晩遅くまで働いているのが実情なのでしょう。
突発的な理由でデートをキャンセルすることもざらです。

逆に言うと、誘いを断れたとしてもそれは「あなたに好意がない」という印ではありません
「単にその時期忙しいだけ」と解釈することもできるのです。
ちょっと間をおいたら、再び誘いましょう

yuka0i9a1561_9_tp_v
目安はずばり3回
3回誘っても色よい返事をもらえなければ、ようやくそこであきらめていいかもしれません。

シュートを打たない限りゴールは生まれません
引いた布陣でカウンター狙いに徹するのではなく、ぜひ恋の決定力を身につけてください

チャットレディさんもこれらを参考にしてみてください。
「自分から誘ってみる」というスタンスも身にけておきましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム