「間」を上手に利用する♪


「間」を怖がらない事

アナウンサーは式典などで、オープニング音楽が止まっても、黙ってしんとした「間」を作ります。
そして静寂を破るように最初の言葉を発します。
聞き手のワクワク感を高める「間」の演出です

このような「間」の演出は会話でも活用できます。
話が途切れたとき、ニコニコしながら少し黙ってみましょう。
ただし、あくまで相手を不快にしない程度に留めましょう。
0I9A5967ISUMI_TP_V

「間」にはあなたのペースを作って、その場を巻き込む不思議な力があります。
それだけではなく、あなたの個性や存在感を演出する不思議な力があります。
テクニックから言うと「」には2種類あります。

一つは「理解の間」です。
相手にそれまでの話の内容を整理し、理解してもらう「間」です。
相手はあなたの話を始めて聞くわけですから、話の途中で立ち止まる「間」が必要です。

もう一つは「引きつけの間」です。
まるで暗闇の中でスポットライトを当てるように、大事な言葉の前で取りましょう。
言葉の印象が引き立ちます。

その他にも「間」には、話し方に抑揚をつける、早口になるのを防ぐ効果もあります。
「間」を怖がらず、相手を思いやる意味でもチャットレディさんは上手に利用しましょう♪

セリフを使って、聞き手の五感をくすぐる

音楽を聴くとき、CDで聴くよりもDVDで映像を伴って聞くほうが臨場感があります。
もっと感情が高ぶるのはコンサートで、直接その場の空気や音に触れたときでしょう。
それは、音楽を聴覚だけで捉えるか、視覚と聴覚、嗅覚や触覚まで使っているのかの違い。
PAK56_headphonegirl_TP_V

話すことも五感をくすぐるような表現をすれば、相手を引きつけることができます
そのためには、話の内容を「物語」のように具体的に描写することです

そのときの気温、匂いは、触った感じは、登場人物の表情は?
まるで映画のワンシーンのように言葉で表現をしたとき。
相手はあなたの物語の世界に入り込んでくれるでしょう。

ここでの注意点は、チャットレディにはオーバーリアクションも必要です。
しかし、あまりに自分の話に没頭して、お客様を置いてきぼりにしないことです。
あくまでも、お客様が主役なのですから。

セリフをテクニックで、さらに会話が物語り調に。
たとえば「彼が私のことを好きって言ってくらたの」と言うとき。
彼が言ってくれたの。「好きだよ」って」とセリフらしく引用する

このほうが、状況が伝わり、ドキドキしませんか?
会話は説明ではありません。
いくら内容が正しく伝わったところで、面白くなければ盛り上がらないでしょう。

生き生きと話を伝えられる女性は魅力的です。
よりリアルに臨場感あふれる話し方でお客様を魅了しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム