心をつかむ「マナー」とは?


マナーは「形より心」が大切♪

「マナー」というと、名刺の渡し方やお辞儀の角度。
とにかく形を暗記することに意識が向きがちです。

しかし、マナーの基本は、形よりも「相手を大切にする心」。
接する相手に「この人といると心地いいな」「明るく楽しい気持ちになるな」。
気がきくな」と思ってもらえるような心づかいをすることが重要です

相手にお礼やお詫びをする際、「本当にありがとうございました」。
あるいは「本当に申し訳ありませんでした」と心の底から思うこと。
すると、自然と頭は下がるものです。

「45度の角度で」などと形だけ整えても真心がこもっていなければ、相手には伝わりません。
逆に言えば、温かい心がこもっていて、「思いの重さ」が相手に十分伝わる
それならば、形が少々間違っていてもいいのではないでしょうか。

マナーは、気持ち良くおつき合いできるようにしてくれる、人と人をつなぐ「心のリボン」
大切なのは相手への「心づかい」であり、「素直な心をどう表現するか」です。
まずは「」ありき。

「形」は心づかいにプラスして覚えるものだと知っておきましょう
相手への「心づかい」がマナーの本質です

c824_shirobaratoribon-thumb-815xauto-15059

「食べ方」で、女の格が決まる

普段の生活の中で、意外と人から見られているのが、「食べ方」です。
キレイにメイクをしたオシャレな女性でも、片ひじをついて、猫背で食べていては幻滅します

また、仕事力のある大人の女性なのに、正しいお箸の使い方を知らない。
その上、汚い食べ方をしていたりではガッカリです。

世の多くの紳士たちは、女性を何気なく格付けしています。
下品な食べ方しかできない女性は「Bランクの女性」と判断されます。

正しいテーブルマナーや立ち振る舞いを身につけると、かもし出すオーラが変わります
そのため、その女性は「Aランクの女性」と判断されます。
もちろん、これは男性の趣味によるもので一概には言えません。

女性なら誰でも、初めてのデートで「彼女なら焼き鳥でいいかな」。
と思われるより「いいお店に連れていきたいから、いつも悩むんだよね」。
などと、照れ混じりに言われるほうが嬉しいですよね。

食事のマナーを身につけると、周囲からの目が変わり、大切に扱われるようになります
食べ方次第で、素敵な世界が広がるのです

c785_cupniireraretabara_tp_v

デートやここぞという食事会、いざというときだけマナーを完璧にしようとする。
それには無理が生じます。
いつもやっていなければ、いきなり上手にはできません。

普段が肝心なのです
日々の積み重ねによって、美しい食べ方があなたにとっての「あたりまえ」になっていきます。
心のマナー」「テーブルマナー」を身につけた、上級のチャットレディを目指しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム