「負けること」で学べること♪


「勝ち負けに」にこだわらずに行動してみよう

なんの得にもならないことでも、勝たなければ気がすまないという人もいるものです。
負けず嫌いは、道路に歩いていても発揮されたりします。

自分を追い抜いていった人を、早足で抜きかえしたりしてしまう。
こういう人が、このタイプの人たちです。

負けず嫌いの人は何かに挑戦するエネルギーが旺盛です。
そのためならば努力をすることも、戦うことも苦にしません。

競争心も旺盛なので、よい方向に進めば目標を達成する強い力を持っています
どんな障害にでも果敢に立ち向かって乗り越えていきます
なので、大きな成果を残すことが多いのです

しかし、その性格が過剰になってしまうと、敵に対して無慈悲になります。
そのうえ、徹底的にやりこめてしまうという危険性を持っています。
MAX_blackpugya-20150207114045_TP_V
ともすると、自己中心的で押し付けがましい印象を人に与えてしまうかもしれません。
思わぬところで反感をかってしまったり、嫌われていたりすることも考えられます。

負けず嫌いの人の考えや言動は、自分の弱さを受け入れないために起こるものなのです。
表面上は「負けるのが嫌い」と映りますが、実は、「自分の弱さが嫌い」なだけです

自分の弱さを認めたくない、受け入れたくないと強く思う人。
見知らぬ人と路上で競歩大会を繰り広げたり、些細なことまで頑張ったりするのです。

負けず嫌いの性格を何とかしたいと思うのであれば...。
まず、自分の弱さと他人の弱さを、素直に受け入れることが必要でしょう

勝ち負けは、相手があってのことです
ときには負けることだってあるはずです

Aさんが勝てばBさんが負けます。
つまり、Aさんは敗者を作ったことになります。

いつも勝ち続けることは本当に望ましいことなのでしょうか。
「負けるが勝ち」ということわざもあります
負けることで学ぶこともたくさんあるものです
本
生まれてから一度も負けたことのない人など、この世にいるはずがありません。
もしそんな人がいたとしたら、負けた人の気持ちのわからない、無慈悲な人でしょう。

「勝った」「負けた」で、身のまわりに起こるすべてのことをとらえてしまう。
それは、一つの見方にとらわれてしまう危険性があります。
物事はさまざまな方向から見て、はじめてそのものの本当の姿が見えてくるといいます

同じ「勝ち」を味わうにしても、敗者がいてくれた
だからこそ自分の「勝ち」があったのだと思える人の勝利は、重みがあります

またそのような人は、自分が敗者になったとき。
心から勝者の健闘をたたえる気持ちを持つことができるものです。

自分の考えだけでなく、相手のことも受け入れる真の心の強さを持つ
そうなれれば、もっと柔軟で包容力のある人間になれるでしょう

なにしろ、すばらしいエネルギーを持っているのです。
ですから、慈悲の心のある成功者にだってなれるはずです

N811_teburuniokaretasyanpangurasu-thumb-815xauto-14633
負けず嫌いという、ともすればマイナスのイメージになりがちです。
それを目標という方向にエネルギーを発揮しましょう。

自分は「負けず嫌い」と自覚しているチャットレディさんはいますか?
もし、該当するならばチャットレディのお仕事を成功させるという方向へ向けてみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム