「マイナス印象」を魅力に変える♪


「ギャップ」を好印象につなげる正しい方法♪

ようやく男性との初めての会話。
好印象をもってもらおうと、自分のいいところをアピールしたくなるものです。

明るい、優しい、几帳面、ウソをつかない、手先が器用。
友達に恵まれている、打ち込んでいる趣味がある....。

あなたが持っているこれらの長所を次々とアピールしたとします。
だからといってなかなか好印象につながるものでもありません。
それどころか、相手の中ではイメージがぼんやりとしています。

「結局のところどういう子なのかわからない」という結果になります。
ですから、ここはずばり「意外性を感じてもらえる長所」に絞りましょう。

男性の思い込みを打ち破り「へ~」という驚きをもたらす長所
そこを重点的にアピールすることが効果をもたらします

相手が「この子は、○○じゃないだろうな」と思っているマイナスな印象があります。
それを、「じゃじゃーん、じつは○○なんですね~」と覆すように心がけるのです。

たとえば、最初に会ったときについ仕事の話ばっかりになってしまった。
なので「家庭的じゃないという印象」を与えてしまったかなと感じた場合。

「最近ヒマだったんで、家でがっつりと料理しちゃいましたよ」。
と話してみたり、家族とのほのぼのエピソードを話してみたり。

そうすると「お、意外に、家庭的なところもあるんだ、へぇ~」。
とギャップを感じてもらうことができます。

150415241454_tp_v

逆に、相手がどうとも思っていない部分について、「じつは、私○○なところもあるんです」。
とアピールしても、それはギャップにつながりません。

たとえば、最初に会ったときに「涙もろいかどうか」についてはなんとも思われていない。
なのに、「じつは私、涙もろいところがあって、映画とか見て一人で泣いてるんですよ」。

相手は「そうなんですか(じつはって?そもそもイメージしてないし)...」。
とさめてしまう場合もあります。

ちなみに、最初に会ったときに与えているプラスのイメージを裏切ってしまう
それは、ギャップではなく「がっかり」になってしまうので、注意が必要です

A「この人はこうだろうな」と思われているプラスのイメージ=期待
(例:優しそう、明るそう、頭よさそう)→そのままキープ。

B「この人こうじゃないだろうな」と思われているマイナスのイメージ=心配
(例:優しくなさそう=怖そう、明るくなさそう=暗そう)→ここを覆して魅力につなげる

kawamura20160818403614_tp_v

すべてにおいて魅力的になるのは大変です。
焦点もぼやけがちになります。

どうとも思われていない部分については放っておくこと。
それが、印象コントロールのコツなのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム