「間口の広さ」が出会いを広げる♪


最初は全員、彼氏候補と考えよう♪

すべての男性にあうと思わせる....。
これは不可能かもしれませんが、約八割くらいの男性にあうと思わせる。
それは全く不可能ではないかもしれません。

プロの接客業の女性は、浅く広くお客様をつかむタイプ。
逆に、深く狭くお客様をつかむタイプの女性がいます。
両方のお客様がいれば、売り上げに困ることはありません。

理想的なのは、間口を広くして、浅くお客様をつかむことです
その中から、だんだんと深く狭いお客様をつくりだしていけばいいわけです
MS251_syanpantower-thumb-1000xauto-15121

これは、恋愛でも同じだと思います。
いけないのは先入観をもって接することです

年下はいや、経済力がないからいや、優しくなさそうだからいや。
そんなふうにはじめから選り好みすると、ステキな男性をみすみす逃すことになります。

見かけがかっこいい、持ち物が高そう、おしゃれ、オーラがある、堂々としている。
そんなことでなかなか見分けられるものではないと思います。

外見は、人からこう見られたいと意識した自分像です
内面とイコールではないわけです

もちろん、そうやって外見を飾れる人は上昇思考も強く、自分の見せ方もわかっています。
ですから、魅力もあるでしょう。

その相手が自分にあうかどうかは、話してみたり、付き合ってみなければわかりません
だから、まず、とにかく間口を広く保っておくことです

IMG_6077o_TP_V
その中で、自分としっくりくる男性を、じっくり選んでいけばいいのです。
いろんな男性を天秤にかけるのはいけないことだと思われがちです。

まだ付き合ってもいないうちから近視眼的になり、一人の男性に突っ走る。
すると、あとで振り返ってみると「勘違い」という事が起こり得ます。

はじめから【嫌い】という先入観を持たないで間口を広く持つ
そして、広く浅い人間関係をつくることです

「一人に執着しないこと」。
それに加えて、「幅広い層の人と幅広い話題についていけるようにする」。
これが大切です。

男性は、女性が知らなくて自分が知っていることには優越感に浸れます。
自信満々に親切に教えてくれるので、好奇心をもっていろいろ聞いておくと便利です。

ポイントは、素直に自分が興味あることを聞くこと
そこから詳しく聞きだし、話を広げていくといいと思います

様々な分野の話...。
人それぞれ、得意分野は違うけど、聞いておいて損な話なんて一つもありません
誰かと話したとき、また同じ話題が出ることもあるのです。

それで話が盛り上がって、ステキな男性と付き合うことになる可能性だって充分ありえます。
いろんな人と話して、いろんな話題に触れる機会を増やしましょう
5%e7%8c%ab

自分がよくわからない分野の話でも、一割でも自分のなかで知識として蓄えておく。
するととりあえず、別の誰かからこの話題が出たときには、入っていけます。
「知ってる」というだけでほかの女性より好印象になれるのです

自分が興味ある話題に入ってこられる女性は貴重です
男性から見ると「この子、俺とあうなぁ」ということになるわけです

その男性が自分としっくりこないと思うこともあるでしょう。
「話題の宝庫用の親切な男性」としてキープしておけばいいのです。

いろいろな情報を知っておくことで間口が広がります。
先入観を少なくすることもできます。
チャットレディのお仕事にも役立ちますが、これからのステキな出会いにも期待できますね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム