”共感力”=好感度


 

高感度アップの裏技

「会話相手の好感度を上げたい!」という人にはお勧めのテクニックです。
性別や年齢に関係なく簡単に実践できます。

相手の話に共感同意を示すだけでいいのです。

人は誰でも他者に理解され、認められたいという欲求を持っています。
また、自分の主張は正しいと考えていて、聞き手に賛同して欲しいとも思っています。
これは性格の問題ではなく、誰にでも備わっている本能です。

この本能は、共感し、同意してくれる人間を味方だと思い好意を抱くように出来てます。
ですからこの本能に、言葉で寄り添うだけで、確実に自分の好感度を上げる事が出来るのです。
具体的にどうすれば良いのでしょうか?

●会話の聞き役になってる場合

「わかります」「本当にそうですよね」といったあいづちを挟んで生きましょう。
「私もそう思います」「同じ事を考えていました」といった言葉も非常に効果があります。
さらに、相手の主張を補強するような話を自分が続ければお互いに連帯感が生まれます。

そのことが、より親密な人間関係に発展させる足がかりとなるでしょう。
”共感力”を上げれば上げる程、会話相手からの好感度も上がっていくのです。
あからさまなご機嫌取りは相手を警戒させてしまいます。

いかに自分も同じように考えているか、大袈裟になりすぎないように注意しましょう。

●話し手にも必要な”共感力”

自分が話し手になって何か主張する場合は、聞き手の共感や同意を確認しながら話すよう心がけましょう。
感情や認識を共有すれば聞き手との距離を縮められます。
確認しながら話す事で、自分だけしゃべり続けるという事態を予防できます。

話の最後に「そう思わない?」「そうだよね?」といった言葉をいれ相手の共感や同意を確かめる。
あいづちのタイミングが遅い言葉に否定的なニュアンスを感じる。
この場合、同意や共感を無理強いするように言葉を重ねる事は絶対にやめましょう。

そこで強引に共感を得たとしても逆効果、言葉とは裏腹に相手の気持ちが離れていってしまいます。
相手が本当に同意しているのか判断するアンテナの感度を上げましょう。
話し手側に必要な”共感力”も意識することが必要です。

会話術とは奥が深いですね。

改めて文字にすると、「なるほど」ですが、改善策でもあります。
改善しながら会話を広がっていく=お客様に「安心」して楽しんで頂く。
チャットレディというお仕事で、より一層、これらの事を生かして報酬に繋げていって下さい。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム