「距離感」をなくす会話法♪


一気に相手との関係を親密にする言葉♪

昨日のブログでは名前を呼ぶことで距離が縮まることをご紹介しました。
今日はもっと好感度を増すスキルをご紹介します。

名前を呼ぶ以上に効果があります。
ですが、要は相手との心理的距離を縮める言葉の使い方をするということです。
実例をあげてみましょう。

●相手に対して自分の意思をはっきりさせる
「今晩、○○さんと会いたいと思う」→「今晩、○○さんに会いたい」。

「明日、お話できる時間がありますか」→「明日、お話したいことがあります」。
このほうがより意思が明確になります。

●現在形を使う
「ありがとうございました」→「ありがとうございます」。

これは商売をしている人が気をつけている言葉で、過去形にするとそれで終わる。
そんな印象を与えてしまいます。
それを防ぐために「これからもよろしくお願いします」と使います。

●距離感が近くなる代名詞を使う
「あの人と仕事をしようと思います」→「その人と仕事をしようと思います」。

この人と仕事をしようと思います」。
だんだんに距離が近くなるのがわかります。

●三人称よりは一人称を使う
「きっとそうなるとみんなが思っている」→「きっとそうなると私は思っている」。
これも距離がより近くなります。

●LET,Sの形をとる
「またお会いできませんか」→「またお会いしましょう」。
自然な感じで連帯感を演出できます。

●WEを使う
「私がやったの」→「私たちがやりました」。

たとえ自分でほとんどやったとしても、仲間との絆を深めるために使うと効果があります。
そのどれもが相手との距離を縮める言葉、使い方がポイントです。

0i9a7278_tp_v

突破口は、相手とあなたの共通点

長年、親しくつき合っている相手ならばいざ知らず、出会って日が浅い相手の場合。
あるいは初対面の相手の場合にどう話をつなげていったらいいかわからない。
そんな苦労をしたことはないでしょうか。
imaric20160805210023_tp_v
明らかに仕事上の話であっても、いきなり会ってすぐに仕事の話をする。
それは相手の心象を悪くするだけです。
かといって世間話やその日の天気のことを話しているわけにもいきません。

そこでお薦めするのがお互いの共通点、共通の話題を見つける
そこを糸口にして話をつないでいく方法です

とくに初対面のときには、共通点を見つけられるかどうか...。
それで会話の弾み具合が決まってしまうといってもいいでしょう。
お互いの挨拶が済み、雑談をしている間に早めに共通の話題を見つけることです

それができないと会話を盛り上げるのが難しくなるのです。
それを防ぐために相手にいろいろな質問をするのもいい方法です

では、もし共通点が見つからなかったらどうすべきか。
そのようなときには相手の考え方や興味のあること、好きなこと
それらにこちらが合わせてしまえばいいのです

IS107104102_TP_V
共通点は何でもかまわないのです。
とにかく相手の警戒心が解け、こちらに心を開いてくれるものであればいいのです

人気者になれる話し方のコツをお伝えしました。
初心者チャットレディさんはぜひ把握しておきましょうね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム