上手に口を挟むタイミング


チャットレディのお仕事で会話が重要なのは十分おわかり頂けてると思います。
今回は、その会話の時間を簡単に伸ばせる=稼ぐコツをご紹介します。

もしかしたら、一生懸命お話しようとして、逆に会話を短くして損をしまってるかもしれません。
実はちょっと気をつけるだけで、会話の時間を伸ばせるコツがあるんです。

お客さんの会話への返しのヘタな人の特徴が、まだ相手が話を続けているのにもかかわらず、話の腰を折ってしまう人。
つまり、途中で自分の意見を言い始めてしまうことです。

実は、これは大きなマナー違反になってしまいます。


お客さん「この間◯◯っていう映画を観に行ったんだけどね途中で眠くなっちゃてどういう内容だったか覚えてないんだ

お客さんがこのように話しかけてきた場合、なかには①の言葉が言い終わらないうちに

「私もその映画知ってるー!観たいと思ってたんですよー」
「えー私もこの間その映画観に行ったんですよー!あれってー・・・」

などと、自分の話をしはじめて、お客さんの話をさえぎってしまう人もいるはずです。

これでは、いくら仲の良い常連のお客さんであっても、もしかしたら気分を損ねてしまうかもしれません。

では、いつどのタイミングで自分から「返し」のリアクションや質問をすれば良いのでしょうか?

話が終わるまで待ってみよう

そのコツとは、お客さんの話を頭の中で文章化し「句読点をつけること」です。
例文の場合では、は「、」で、は「。」になります。

「、」のときはまだ様子見をし、「。」の場合でも次にお客さんが
「それでさ~誘ってくれた相手が怒っちゃってさ~・・・」
というようなグチを聞いて欲しいのかもしれませんので、少し待ちましょう。

話の続きがないようでしたら、そこで
「実は私もこの間、映画観に行ったんですよー!何観たと思う?」
などと、話を膨らませてみるともっと良いでしょう。

聞いてる時は、軽い相づちを入れてみよう

「、」と「。」の様子見をする場合のポイントは、軽い相づちを入れることです。

軽い相づちの例として「あ・い・う・え・お」があります。

キーワード あなたの返答
あ行 あぁ(思い出すように)
い行 いいですねぇ(共感を持ったように)
う行 うんうん(興味ありそうに)
え行 えぇ(軽く返事をするように)
お行 おぉ(驚くように)

軽い相づちは、会話の間を埋めるとともに、まるで漫才のボケとツッコミのように会話にリズムを持たせ、話をうながく効果もありますので、是非使っていきましょう!

  • 「、」の場合、軽い相づち「あいうえお」を活用する
  • 相づちも時にはリアクションを大きめに!
  • 「。」になったら返しの質問でさらに会話を盛り上げる

ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム