「繰り返し」が好感度UP♪


繰り返しが好感度を刻み込む♪

現在はまさにコマーシャルの時代です。
テレビをつければ朝から晩までスポンサーのコマーシャルが流れています。

また同じコマーシャルが流れていると思いながらも、ついつい観ているものです。
しかし、こんな実験結果があるそうです。

ある家電製品店で同じような電化製品店で同じような電化製品を売っていたとします。
するとほとんどの人がそのなかで印象に残ったものに目がいきます。
つまりテレビや雑誌などで頻繁に目にした製品を買っていったというのです。

明らかに性能が違っていたり、価格に差があればそのような結果にはならなかったでしょう。
二つの製品が似通っていた場合やあまり製品に対する知識がない場合。
だいたいがよく知っているものを選ぶのです

コマーシャルは嫌いだ、コマーシャルには踊らされないと言っている人は多いものです。
でも、頭の中にはそのコマーシャルが染み込み、いつの間にかそれを買っていたりするのです。
スピーカー

同じようなことは芸人のギャグにもいえます。
逆にわかっているからこそ、それがないとつまらないともいえるでしょう。

この場合は実際にはその人物に会ってはいません。
それでも繰り返し見せられた人ほど好感度は高まるのです

ということは現実に会う回数が多い人ほど好感度は高まるともいえます
私たちもこのことを教訓とし、人とつき合うときの基本にすればいいのです

例えば相手の家や会社の近くにいく用事があったとき、必ず顔を出す。
あるいは特別な用事がなくても、相手に迷惑がかからない程度に電話をする。
御機嫌を伺うなどです。

この例は極端な例ではあります。
しかし、このくらいの気持ちを持つ事が大切ということです。

相手にどうしてもわかってもらいたいことや伝えたいことがあるとき
絶えずその人に情報を流し続けることです

あきらめた時点でその情報は途絶えてしまいます。
なので、淡々と嫌がられない程度に継続するといいでしょう。

ただし、どちらの場合も相手から嫌われていないことが条件です。
特別に好かれている必要はありません。
ですが、こちらに注意を向けていてくれる程度の関心は必要です

どんなに熱意を見せても、悪い印象を相手が持っている場合は逆効果になります。
やればやるほど嫌われるだけなので、その点は気をつけて実行しましょう。
情報は流し続けることに意味があるのです

jyouhou
人は繰り返し同じことをされると印象が強くなる」。
このことを上手にチャットレディのお仕事に生かしてみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム