「口癖.ため息」も前向きに♪


思わず本性が出る口癖...。

最近は、「最悪っ!」という言葉をすぐに出す人が増えてます。
何がそんなに最悪なのかなと思って聞いてみると、たいしたことではなかったりします。

口癖は、その人が日頃思っていることが出るものです。
なので、日頃暗いことを考えている人は、口癖までもが暗くなります。

笑顔にしたり、明るい色の洋服を着てみたりする
自分を変える努力をしているのに、「最悪っ!」や「嫌になっちゃう」とかが出てしまう
暗い口癖を一つ言うごとに、積み上げてきたモテモテの石をけ散らしているようなものです

逆に、明るい口癖を使うと、言葉に引っ張られて気持ちが明るいほうに向かいます
あなたの周りの人に、なんでも「最高っ!」という人がいませんか。

「さっき、つまずいて下着見えちゃった」
「最高っ!」
「大きいケガにならないでよかったね。最高っ!」

起きた出来事はツイてなくて、「最高っ!」と言われると、ムッとするかもしれません。
でも、出来事の受け取り方が反転して、「最高」なんだと考え方に変えてしまう
それだけでも、ポジティブな気持ちになるはずです

みんなが暗くなってしまうようなとき、明るいことを言える人がモテるのです
なので、明るくなるようなことを口癖にすると、周りも明るくなります。

YUKA160322000I9A4287_TP_V

結局は、何が起きたかよりも、自分がどう受け取るかです。
つい出てしまう口癖は、明るい言葉を口に出すくせを、自分で意識してつけることです

「しあわせのため息」をつく努力をしよう♪

会話の最中に相手が「はぁ~」とため息をついたら、退屈なのかと不安になります。
何かミスをして、謝ったときに「はぁ~」とため息をつかれたとき。
相当大きなミスをしたんだと思ってしまいます。

ため息はそれくらい相手にイヤな気分を与えるものです
自分にとってもいちばんよくない波動を出すものです。
どうせため息を出すなら、ハッピーに変えてしまうと方法があります
N112_hooduewotukujyosei_TP_V

ため息をついたあとに「はあ~、しあわせだなあ~」と言ってみましょう
誰にでも悩みはあり、問題は起きます。
うっかりため息をついてしまう時や、ボロッと愚痴が出て、しまった!と思う時もあります。

その時に大切なのは、最後の言葉です
その最後の言葉で、明るい言葉に変える
語尾につける言葉で、すぐさま明るい言葉に変えてみましょう

「あ~、おいしいコーヒーだね、しあわせ」。
「今日も仕事がんばった、しあわせ」。
そうすると、周りの人から、この人はいつもしあわせなんだと思われます。

暗い話をしているなかで、周りの人にしあわせ感を伝えているあなた...
間違いなく好感度が高くなります

今日から、思わずため息をついたら「はあ~、しあわせだなあ~」を口癖にしましょう。
「しあわせオーラ」を身にまとったチャットレディを目指しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム