「肯定する」=「気品」ある会話♪


気品あるトークマナーとは?

どうすれば男性に好まれる、「心地よく話せる相手」になれるのでしょうか。
相手が安心して楽しく会話できるために、まず大切なのは....。
相手の苦手を理解してあげる」ということです。

相手が苦手だと思っていることやコンプレックスを感じていそうなことは話題にあげない。
興味本位でたずねたり、深く知ろうと質問したり、からかったりしない。
このような配慮が必要です。

たとえば、自分の声に自身がなくて、歌を歌うことが嫌いな人がいます。
そういう人に「カラオケには誘われても行かないんですか?」「誰の歌なら歌えるんですか」。
このような質問は相手の苦手を理解していないことになります。

さらに、このとき「カラオケはみんな好きなのに、歌わないなんておかしな人」。
といった否定的な感情がまじっていると、相手は2度とあなたと話したいと思わなくなるでしょう。

グループで話をしていて歌の話が彼に振られた場合。
あなたが上手に割り込み、話題を変えたりして、相手が苦手な質問に答えないようにする。
このようにフォローすることで、相手はあなたに感謝し、好感を持ってくれるはずです

ほかにもコンプレックスに触れる恐れがあるキーワード
体のパーツを含む身体的なことや、学歴、職歴など過去の経歴に関することがあります。
こういった話題が出たときは注意深く相手を観察しましょう。

少しでも「苦手そうだなぁ」というそぶりを感じたなら、すぐにさりげなく話題を変える。
相手の「苦手」を包み込むような優しさを持って接することです。

これが好感を得るトークマナーです。
もうひとつ大切なポイントが「人間否定しない」ということ。

人通りが激しいところで自分の子供を怒鳴りつける母親
それを見ているあなたは、何を感じますか?

会社の同僚の前で平然と別の同僚の悪口をいうOL
自分の同僚が陰口をいわれるのを聞いて、あなたはどう思いますか?

たくさんの人がいる街の路上で彼氏に怒られて泣いている女性
大勢の人の前で自分の彼女を泣かすまで怒る男性と付き合いたいですか?

どれも、気品がある言動とは思えないでしょう。
ここにあげた例は、どれも「人間否定」がキーになっているという共通点があります。
こうした「人間否定」は、それをする人を非常に酷く、下品に見せます

相手の気持ちになって考える人
を否定しない
これを日頃から意識することで、会話の品位が大きく向上します。
C824_shirobaratoribon-thumb-815xauto-15059

誰かが、仕事に慣れない新人の陰口を言ったとします。
「いつになったら仕事を覚えるの、気が利かない!」。
それに対して「そうかもしれないけど、新人の時は皆同じだったでしょ?」

どうですか?相手の「気が利かない」という言葉に共感してます。
しかし「人間否定」せずに「皆同じだった」ということにより、その人間性を肯定しています。

このほうが上品な会話であり、または人間関係においてもトラブル回避できると思いませんか。
人間否定しないかたちをとるだけで印象が大きく異なることを知りましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム