「言葉遣い」で魅力は失われる。


自分を醜く見せてしまう言葉

男性とコミュニケーションをとるときやってはいけない「NG」「タブー」があります。
特に気をつけなければいけないのが「自分を醜く見せる言葉を使わない」ということ。
ここでいう「醜い」とは、生まれ持った容姿のことではありません。

いくら美しい容姿を持っていても、会話中に有る種のNGワード発してしまう女性がいます。
男性から見て「醜い」女性になってしまいます。
では、男性から見て「醜い」女性とは、どういう女性でしょうか。

「男は、精力的に仕事をして、大切な守るように生きていくべきだと思う」。
この意見に対し、きっと多くの女性が賛同するでしょう。

女性は品良く、美しくいてほしい」。
これに賛成する男性も同じぐらいいるのです。

品位がない、言葉や動きに優雅さのない女性は、男性から見ると非常に「醜い」のです
他人の目を気にしない、がさつな振る舞いをする女性は少なくありません。

そんな女性に、男性が好意を抱く確立は非常に低いでしょう。
自分を醜く見せるタブーワードには、なにがあるでしょうか。

●「だから~っていってるでしょ」。
この言葉は、相手とぶつかって、自分の主張を通すときに使われます。
しかも、「そんなこともわからないの?」という、相手を見下す感情が含まれています。

男性との会話でこの言葉を発する女性とは、男を立てることができない女性。
男を立てることを知っている女性は、こういう言葉を使いません。

●「だけど~」。
相手のいうことは理解できるけど、私の考えのほうが正しいでしょう?
というニュアンスで使われます。

つまり、相手の考えを真っ向から否定し、自己の正当性を主張する言葉です。
気品のある女性は、あまり使いません。

●「でも~」。
これも相手のいっていることを否定して自分の意見を通そうとするときの言葉です。
いい訳をするときによく使われます。

すぐにいい訳するのは、強い自我の表れです。
いずれにしろ、「自分が一番」という印象を相手に与えるのでNGです。

●「~のに」。
「のに」の後には、必ず愚痴がきます。

私はこれだけやっている「のに」相手はわかってくれない。
まわりは評価してくれない、という流れが定番になっています。

これも自分の正当性ばかり主張する言葉。
愚痴だらけの相手に魅力を感じないのは、当然です。

N112_kanashiinamida-thumb-815xauto-14455

どれも自分の正当性を強く主張する言葉です。
自分の正当性を強く主張する女性
男性の目には「可愛げがない」と映るのです。

逆に、このような言葉を使わないだけで、相手を否定しない。
そして、自己主張を通すような表現が減るということです。

普段の生活の中で、男性を立てることを意識しすぎると疲れてくるかもしれません。
でも、お仕事の間は、この「NG」「タブー」を頭の隅において活用してみて下さい♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム