「言葉をスルー」するマナー♪


言い間違いは聞き流すのが大人のマナー

寝坊をする、忘れ物をする。段差につまづく...。
多かれ少なかれ、人は必ずミスをするものです。

生まれてから一度もミスをしたことがない人なんて、きっといないでしょう。
これは会話においても同様です。
どれだけ話し上手な人でも「言い間違い」は起こります。

何気ない友人との談笑。
そのなかに、多くの間違いが存在していても不思議ではありません。
もし、あなたが相手の「言い間違い」を耳にしたとき、どのように対応しますか?

待ち合わせ場所や時間など、その話題の重要な部分があれば、当然聞き返すでしょう。
「もしかしたら自分の勘違いだったのかも」「知らないところで変更があったのかな」。
yuka16011201IMG_5612_TP_V

間違っていたら、自分も相手も困ってしまう。
そんな場合、相手に確認するのが自然なことかもしれません。
では、話題の本筋とは無関係な「些細な言い間違い」はどうでしょう。

相手が「遊園地でおもしろいことがあった」と話し始めたとしましょう。
「昨日の日曜日に遊園地に行ったんだけど...」
実は、話を聞いているこの日は火曜日でした。

正確には「2日前の日曜日」ですが、この言い間違いを指摘したくなる人は要注意です
なぜなら、話の本題は「遊園地での出来事」であり、現時点で日付は関係ないからです。
ここでの指摘は意味を持たないどころか、話の腰を折ることになります。

相手によっては「そんなどうでもいいことで水をささないで」と不愉快に思う人もいます。
本筋と関係ない間違いは、黙って聞き流すのが大人のマナーです

友人同士の会話では「あげ足を取る」ことで笑いが起きることもあります。
それはそれで場が盛り上がり楽しい時間になるでしょう。
チャットレディのお仕事中は、大人の対応で言い間違いはスルーしてさしあげましょう。

正しい日本語を他人にも強要するのはNG

また、誤用や誤読に関する指摘も気をつけたいところです。
日本語は、世界で一番難しいとされています。

たとえば、「役不足」という言葉があります。
もともと自分の力量に比べて役割りが軽すぎるという意味です。
現在は逆の意味である「力不足」として使用される機会が増えました

相手が「役不足」を用いた場合、前後の文脈からどちらの意味を用いたかわかるはずです。
そこで間違いだったからと指摘したら、正しい意味を説明するために脱線してしまいます。

なかには「相手が恥をかかないように指摘してあげた」と正当化する人もいるでしょう。
話している最中に何度も指摘されては、相手の気分もそがれてしまいます。

YUKA862_megane15205354_TP_V

相手が何を話したいのか。
いまの話題は何か。

優先順位をわきまえ、ときには黙って聞き流すこと
これもコミュニケーションにおける大切な気配りです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム