男心の「コントロール」法♪


「魔性の女性」から学ぶこと♪

「魔性の女性」と聞くと大変ミステリアスな印象を与えます。
魔性の女性とは心に安定と余裕があります。

相手の男性をきちんと観察しています。
その結果、「男心を上手にコントロールすることができる」のです。

心が安定している女性と安定していない女性を比較してみました。
まず「会話のうまさ」からしてまったく違います。

相手の話をよく聞いているので、相づちを打つタイミング
発言するタイミングもとてもうまいのです

ですから、話しているほうは自分が話し上手になったかのように気分がよくなります
そして、会話もどんどん盛り上がります

一方、余裕も安定もない女性は相づちも発言のタイミングもつかめません。
結果、会話も弾まず、やがてその場の雰囲気もとても白けたものになります。
つまり心の安定差は「魅力の差」になって現われるということなのです。
%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%bc

たとえば、それほど美人というわけではないのに、すごくモテる。
男性を虜にしてしまう「魔性の女性」といわれる女性
だいたいみんな、心のバランスが非常に高いレベルで安定しています

また、そういう女性は、相手から来た誘いやメールにすぐに応えるようなことはしません。
相手をゆっくり観察して、いい意味での駆け引きをする余裕があります

まさに最高のタイミングと言葉で相手に応えます
そして、ますます相手の心を虜にしてしまいます

一方、そうではない人は、誘いに深く考えずに応えたりしがちです。
相手が引いてしまうような長文のメールを何度もしつこく打ったりしてしまいます。
それで結局、失敗してしまうのです。
SAYA16031118IMG_9857_TP_V
ただ、もちろんみなさんは「魔性の女」を目指す必要などありません。
相手を観察するぐらいの心の余裕を持つだけでいいのです
それが恋愛をうまくいかせるひとつのコツだと意識することが重要です。

ため息が心の余裕をくれる♪

では、心の余裕はどのようにすれば得られるのでしょう。
手っ取り速い方法は「ため息」をつくことです。

心や体が疲れたときに、思わず「はぁ...」と出るため息。
「ため息をつくと幸せが逃げる」といわれたりもします。

じつはため息とは、心と体をリセットして、血流をよくしてくれます
ため息をつくときというのは、その前に必ず呼吸が止まっている状態です。

心配事や不安なことを考え込んでいると、人はどうしても呼吸を止めてしまいがちです。
すると、血流が悪くなり、頭痛、肩こり、さまざまな不調和がおきてしまいます。
そんな時、思いっきり息を吐き、ため息をつくことで、心と体のバランスを戻そうとします

ため息とは、心身のバランスを整えるために本能的に備わった、コントロール法なのです
ですから、これからは安心して、ため息をつきましょう。

tenbin

チャットレディのお仕事前に、試しにため息をついてみてください。
そうすることで、心のバランスが整い、相手を観察する余裕ができると思います。
ときには、いい意味での「魔性の女性」を演じきってみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム