「こんなとき」の対処法♪


相手の話に入り込めない...。

趣味や仕事の専門的な話は、話す方には興味があっても、聞き手には興味がない。
結果、関心を持てない場合が多いものです。

そのうえ、話す相手の話しの内容が明るい。
なのに、聞く方はその話を理解する基礎知識を持っていない場合が多いのです。

そのような状況で話をされても、相づちも打てません。
ですから、興味を示すこともできないものです。

「なぜそういうことに興味をお持ちになったのですか?」。
「よくわかりませんが、難しいことをなさっているのですね」。

「よくそういうことに気がつくのですね」。
と、相手の話に興味を示すような相づちを打ってみてください
話す方も、知識のない人に話しているのだということを自覚するはずです

昆虫に興味持っているとか、爬虫類が好きという話。
昆虫や爬虫類が嫌いな人にとってはもちろん興味のある話題とは言えません。

趣味の話は、本質的に関心がある人同士では楽しい話題です。
しかし、関心のない人にとっては聞いていることが苦痛なものです。
YUKA160421270I9A2690_TP_V

相手の話を否定しない

仕事についても同じです。
本人はのめり込んでいるので、いろいろな苦労話をしたいのかもしれません。
しかし、その仕事に就いていない人にとっては、ちんぷんかんぷんな話です。

わからなくても、興味がなくても、話している本人にとっては大切なものです。
「くだらないことを考えていますね」「バカみたい」。
などと、相手の話を否定する相づちを打ってはいけません

「大変ですね」「忙しそうですね」と、相手を思いやる相づちを打ってください
愚痴だとか、人の悪口を聞かされたとき。

「いろいろと大変ですね」「いろいろ事情があるかもしれないですよ」。
と、賛成でもない、反対でもない相づちを打って聞いてあげるといいでしょう

「そうですね。同情します」とか、「それはあなたのほうが正しいです」と賛意を表す。
すると「あの人もこう言っている」と、責任がこちらにかかってきます。
後で言い訳するような事態にならないように注意しましょう。

相手の話に興味がなくても否定はNGです
相手を思いやる相づちを打つことを心がけましょう

逆に自分が話し手になった場合。
相手が返答に困る内容にならない気遣いも必要です。
その為にも、広く情報を拾い集めておくことも大切です
jyouhou

相手の反応を素早く察知し、気転で話題を変えることのできるチャットレディになりましょう。
どんな話題を振っても応えてくれる...。
そんなチャットレディさんには、リピータが増えることは間違いないでしょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム