男性の「心を揺らす」言葉♪


「好きにならないように気をつけなきゃ」

このセリフ自体が、「好きになりそう」と言ってるようなもの。
気をつけなければいけないほど、ほとんど好きになっているものです。
でも、「気をつけなきゃ」と言ってるので、まだ恋に落ちてないこともわかります。

自分の好みかどうかは別として、脈があると思うと惚れさせたくなるものです。
無意識に相手に惚れさせようとしている間に、自分が惚れてしまう。
こんな不思議なこともよくあることです。

ふとした楽しい会話の合間に「私、実は○○さんみたいな人、好みなんですよね」。
好きにならないように、気をつけなきゃ!」。
このタイミングで言う?と思うような、さりげないタイミングで言い捨てましょう。

改めて言ってしまうと、ちょっと重く感じてしまいます。
さらっと言い捨てられると、余計に気になるものなのです。

会話の最中に、ジーっと見つめ、「昔、憧れてた人に似てるんですー」。
好きにならないように気をつけなきゃ!」と言い、普通の会話に戻る。

突然言い捨てて「何それ!」と思わせましょう。
男性は、その言葉で意識し始めるはずです。

ここでの注意点は、憧れの人だった人の細かい説明はタブーです。
知らない男がどんな男だったのかは、男性にとってはどうでもいいことです。

「あ、いま好きになりそうだった」

ちょっと優しくされたら「あ、いま好きになりそうだった」と言ってみましょう。
好きにならないように、気をつけなきゃ!と同様に、日常的なシーンで言ってみる。

特別なことではないのに「好きになりそうだった」と言われたら、ドキッとします。
「こんな普通のことで、この子は僕のことを好きになりそうになるなんて!」。
それまで、何も感じなかった男性も、逆に好きになりそうになるものです。

男心は純粋です。
そんなこと言われると、自分に好意があるに違いないと確信するのです。
よくドラマで目にする光景。

図書館で同じ本に手が伸びて、指先が触れた瞬間に...ドキッ。
このようなシチュエーションは、ほぼ皆無に等しいかもしれません。
150415101080-thumb-815xauto-19468

同じコップに手が伸びたり、同じ物を拾おうとしたり、ちょっと手が触れた瞬間
あっ...ドキッとしちゃった~!いま好きになりそうだった」。
という風に、可愛い笑顔を見せながら軽いノリで言ってみましょう。

何かを褒められた瞬間
慰められた瞬間

ちょっと頭を撫でられた瞬間
何かを叱ってくれた瞬間
TSJ93_pantotu20150208093947-thumb-autox600-18261

つまづいて手を貸してくれた瞬間に
とにかく優しかった瞬間に、「好きになりそうだった」と言ってみましょう。
または、「一瞬、好きかもって思いました!でもいいですね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム