「心を溶かす」言葉たち♪


人の心を溶かす魔法の言葉♪

失敗して落ち込んでいる友達。
なんて声をかけていいのかわからない...。
そんなときは、まず「大変だったね」と声をかけて、話を聞きましょう。

とりあえず相手の心のわだかりまりを吐き出してもらうのが、一番ためになります。
そのとき、「ダメじゃない!」とダメ出しするのはちょっと待ちましょう。

アドバイスをするのも、相手から「どうすればいいと思う?」。
こう訊かれたときだけにしましょう。
それまではただ、「うんうん」「そうだったんだ」と、話を訊くのです。

人は、否定されず、自分の言葉を聞いてもらうと、すごく心がラクになります
それは、自分のことを認めてもらえると、自分に自信が持てて、心が落ち着くからです。

「無理もないよ」
「仕方がなかったんだよ」

「そういうこともあるよ」
「私でもそうしたと思うよ」
こうした、相手のやったことを、肯定する言葉をいいましょう。

自分が「ダメだ」と思っているとき、自分のやったことを肯定してもらえる。
すると、さらにホッとして心がラクになるのです。

KAZUHIRO014_TP_V
それで相手の心がだいぶ落ち着いてきたら、こういいましょう。
「それでよかったんだよ」
よいわけがないから、落ち込んでいるのは明確です。

「そういう経験をしたことで、学んだこともなかった?」。
「何もないことに越したことはないけど、この事がなければ気づかなかったかも」。
だから、それでよかったんだよ」。

このような言葉をかけるだけで、相手は自分のやり方を見直すことができるかもしれません。
それに、相手がよく対応してくれたおかげで、わだかまりが帳消しされたりもします。
そのため、相手と心が通じ合えた、というオマケもあるかもしれません
バラ青

「それでよかったんだよ」とい言葉には効果があります
ダメなことの中にも「よかった」といういいところを見つけようとしはじめます
すると、何かは見つけることができるのです。

ダメなことにも「よかった面もあった」というポジティブな評価をつけることができます
そして、さらに心がラクになるのです

いつも、よくやっているよ」といいところを伝えてあげましょう。
失敗に対してそれだけ落ち込むのは、「いつもよくやっている」からこそです。
「責任感が強い」ということでもあります。

また、「あの時、○○をしていたよね」「あのとき、どれだけ助けられたことか」。
その人がやった、ほめる点をたくさん挙げてみてください。

私はあなたを認めているよ」と、認めてあげましょう。
そうすると、きっと落ち込んでいた心が浮上するはずです。
そして、笑顔を見せてくれるでしょう。

無題3
人の痛みや悩みの深さもさまざまです。
助けにならないと思っても、ちょっとした一言で救われる人もいるものです。
友達だけに限らず異性の心をも溶かせる女性になりたいものですね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム