「心と表情」を共有する優しさ♪


相手の気持ちと同じ気持ちと表情を見せる

よく悲しい場に居合わせたとき、つい笑ってしまうという人がいます。
日本人には人間関係を円滑にするために、自分の意思を示さない性質があります。
いやだと思っても、その気持ちを隠して笑顔をつくる習慣があります。

小さいころから身に染み付いてるため、悲しい場でどういう顔をすればよいのか?
判断に困って、つい笑ってしまうのかもしれません。
でも、どういう理由があろうと、悲しみの席で笑うのはマナー違反です。

事あるごとに、つい笑ってしまうという人は、意識して笑わない努力が必要です。
自分の表情をコントロールするにはどうすればよいのでしょう。

「自分はどこへ、何しに行くのか」ということを頭の中ではっきり確認しておくことです。
もちろん、実際にその場に行くと、考えていたものとは状況が違っているかもしれません。

自分がこれからどういう場に行き、どういう態度を取るべきか明確にイメージする。
そうしておけば、悲しい場で笑ってしまうようなことにはならないはずです。

相手が悲しんでるときには憂いの表情
喜んでいるときには嬉しそうな表情
怒っているときは憤慨をしている表情

このように、相手の気持ちと同じ表情を見せること
それが、どんな言葉をかけるより相手を思いやる気持ちを確実に伝えることになります

5ハート

落ち込んでいる人を励ますには!?

「そんなに悲しまないで」「気を落とさないで」
悲しいことや辛いことを抱えた友人に、そう言って励まそうとする人がいます。

女性の場合、悲しいことや辛いこと、悔しいことがあったとき。
「悲しい」「辛い」「悔しい」という感情にしみじみ浸うことです。
そのほうが、かえって気持ちがすっきり早く立ち直れるものです。

中途半端なままにしておくと、いつまでも気持ちの整理がつきません。
そればかりか、モヤモヤした感情を長く引きずることになります。

たとえば親に叱られた話を友人がしてきたとき。
「あなたは悪くないのよ」というなぐさめの言葉や同情が欲しくて話をしています。

それを「あなたは親の言うことを気にしすぎるのよ」などと言ってしまった場合。
相手は「同情されたい」という欲求が満たされず、釈然としません。

「なんてかわいそうなの、辛いわね。大丈夫?」と相手から同情してもらう。
それで「同情して欲しい」という欲求が満たされて、その人の気持ちは落ち着きます

「じつは自分にも悪いところがあったの」と冷静に状況を判断できるようになります。
そして前向きな気持ちになるものです

ですから、落ち込んでいる人を励まそうとする場合。
悲しいとか辛いとかという相手の感情をそのまま受け取り、自分も同じ気持ちなる
そして、それを表現することが大切です

すると相手は、「この人は気持ちを理解してくれている」と安心します
そして、元気も湧いてきます

ELLY15010339_TP_V

相手にとって、それは非常に大きな励みになり、立ち直るきっかけになります。
さらに、男性が感情的になっているときにも、このような気遣いをしたいものです。
それこそが、大人の女性、そしてチャットレディの「天使力」なのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム