キレイの秘訣は「心の持ちよう」♪


「キレイになる努力」は周りを幸せにする♪

「キレイになりたい!」という思いは、女性なら誰しも持っているはずです。
それなのに、世の中にはキレイになるための行動を起こせない女性がいます。

「もう年だから」「太っているから」「可愛くないから」。
これらのネガティブな理由で、「自分はキレイになっても仕方がない」。
「キレイになる資格がない」と思い込んでる女性もいます。

そう思っているとしたら、それは大きな間違いです
なぜなら、女性がキレイになって困る人はどこにもいないからです

職場、道ですれ違うだけでも、明るくキレイな女性がいるだけで、誰もが嬉しくなります。
男性だけではなくて、女性の人もキレイな人を見たほうが嬉しいはずです。
職場に素敵な女性の先輩がいれば、「私もあんな女性になりたい」と思って頑張れます。

女性がキレイになったほうが、世の中は明るくなります。
キレイになる努力」は、周りを幸せにするのです
yuka9v9a8832_tp_v

もう30歳だし」と思うか、「まだ30歳でしょ?」と思うか...。
どんな美しい女性も、みな平等に重ねていくのが年齢です

しかし、同じ年齢でも5歳以上若く見える人もいれば、実年齢以上に老けて見える人もいます。
その差はどこにあるのでしょうか?
答えは簡単です。

たとえば、30歳を「もう30歳だし」と思うか。
まだ30歳でしょ?」と思うのか。
この「意識の差」なのです。

気持ちが前向きで、いつも明るく元気で、誰から見ても、若々しく見えるものだと思います
「もう年だから」「もう○歳だから」という人は、確実に実年齢より老けて見えるものです。

「もう年だから」という意識が心を老けさせ、見た目を衰えさせていきます。
つまり、自分で「おばさんだから」と言っているから「おばさん」と呼ばれてしまいます。
そして、そう思い込んでいるから「もう年」なのです。
IMARIC20160805310323_TP_V

「もう年だから、キレイじゃなくてあたりまえ」。
というのは、謙遜ではなく自己弁護にすぎません。
それは、自分に手をかけていないことの言い訳です。

そんな言い訳を考える前に、明るくキレイになる努力をしましょう。
世の中には大金をかけて美しくなる術はいろいろとあります。
しかし、お金をかけることは重要ではありません。

笑顔でいることや指先をそろえること、話す言葉や立ち居振る舞い
そんな、ちょっとしたコツなどで、キレイになることができるのです

すべては自分の意識の問題です
キレイへの一歩を踏み出すことはとても簡単です。

まずは「キレイになりたい!」と本気で思いましょう。
美しさを保つ上で重要なのは「心の持ちよう」です

tsu862_ohana_tp_v

「もう年だし」「私は可愛くない」。
などといった「自分に悪影響を与えるマイナスな言葉は口にしない」を心に決めましょう。
この気持ちで、この一年も「キレイ」なチャットレディさんでい続けましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム