「心を管理」する大切さ♪


「心の色」「心の栄養」を意識する♪

心には、色があるのを知っていますか?
ちょっとイメージしてみてください。

たとえば、悪口や愚痴.不平.不満で濁っている人の心。
その心は、黒くなっていたり、灰色になっていたり、不純物で濁っている。
透明になっているとは思えませんよね。

一方、清らかな精神で、いつもワクワクと楽しい気持ちでいる人の心
その心は、明るいピンクやオレンジなどのパステルカラーです
純度もとても高く、透明で澄み切った色のはずです。

メイクや洋服など、外見だけをキレイに整えている。
そんな女性でも、内面が明るく魅力的でなければ本当の意味で美しいとは言えません。

心の色は、表情や言葉ににじみ出てるので、「心の品質管理」がとても重要なのです
常に心を清らかに、キレイな状態にしておくことが、「心の管理をする」ということです

elly95_pasuterukaraarenji-thumb-815xauto-16186
人はお互いに影響し合って生きています。
自分が不平.不満ばかりを抱えていれば、周囲にもそのネガティブな気持ちが伝染します。
仕事においてもプライベートな人間関係においても、良い結果は生まれません。

自分の心が暗い色なら、人のことを大切にする余裕は出ません。
それに、人に対して明るい言葉をかけられるはずもありません。

「人に与える影響」という意味でも、心の色は常に「明るく」「透明」
このような状態にしておくことを意識しましょう

a3c4a3cb20fd86d22e459f2e2128aea8

「素直な心」で聞き入れる

心の色が明るく透明な人は、とてもピュアです。
人の意見を「素直に」聞き入れることができ、成長することができます

自分が興味がある分野で実績をあげているプロがすすめていることを目にしたとき。
それを、素直に「そうか!」と思って実践できるかどうかは大切なことです。

心の品質管理をできるのは自分しかいません
「私は今、不満を感じていないかな?」「人の話を素直に聞けているかな?」
と、常に自分の心の状態をチェックしてみましょう

そしてもし、明るく透明なはずの心が濁ってきていたなら要注意です。
すぐに心の浄化をしましょう。
さて、今のあなたの心の色は何色ですか?

気分が落ち込んでいるときは、「自分に栄養」を蓄えることを考えましょう。
思い切ってお休みすることをおすすめします。

普段は忙しくて行けない温泉に出かけてのんびり過ごす
エステやマッサージ、美容院に行ってリフレッシュ
仲良しの友人に会って美味しいものを食べる

hotel_786015111146-thumb-815xauto-14698

停滞期は「心身の栄養補給とメンテナンスの時期」と割り切って過ごしましょう。
頑張りすぎのチャットレディさんは、心の「品質管理」心の「栄養管理」。
それらを補給させることのできる時間を持つようにしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム